フィリップス、健康および精神的充足度に関する調査を実施


世界一の長寿国日本、健康および精神的充足度が低く、長生きについても希望を持たない

9月 8, 2010

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日、「Philips Index(フィリップス インデックス):日本人の健康および精神的充足度に関する報告書2010」(以下、「フィリップス インデックス ジャパン2010」)を発表しました。それによると、日本人は他の国と比較して、現在の健康および精神的充足度に対して満足度が低く、長生きについても希望を持っていないことが明らかになりました。

 

 

健康および精神的充足度が低い日本人

「あなたは総合的にみて自分の健康および精神的充足度をどう思いますか?」という質問に、「とても良い」「良い」と答えた方の割合が、既に調査を終えている世界9カ国*1の平均が約61%であったのに対して、日本では約38%という低い結果となりました。また、健康および精神的充足度をより詳細に評価するために、仕事や収入、ストレスなど17項目を設定し、各々が健康および精神的充足度に与える影響度と満足度を掛け合わせた数値の平均値をフィリップス インデックス(指標)として算出したところ、9カ国の平均約54に対して、日本の数値は半分の約27となり、細かくみても日本人の充足度が低い可能性が明らかとなりました。

 

 

<フィリップス インデックスの計算式>

 

 

 

健康管理についてインターネットに頼る日本

自分の体調が心配なときの最初の情報入手先として、トップは「インターネット検索(47.9%)」で、2位が「医師(22.2%)」、3位が「家族や友人(20.7%)」となり、まず自分で調べてから病院を受診するという日本人の傾向が明らかになりました。

 

 

長生きについて希望を持たない日本人

「あなたは何歳まで生きると思いますか?」という質問に対して最も多かった回答は、「71歳から80歳(36.3%)」となり、「91歳以上」は3.9%にとどまりました。さらに、「あなたの寿命は両親よりも長いと思いますか?」という質問についても、「両親よりも長い(16.3%)」と答えた人が、「両親と同じくらい(43.0%)」「両親よりも短い(24.7%)」と回答した人を下回り、日本人は世界一の長寿(男女平均寿命83歳:世界193カ国中1位、男性79歳:同4位、女性86歳:同1位)*2であるにも関わらず、自らの長生きについて希望を持っていないことが示唆されています。

 

 

理想と現実のギャップのある老後の過ごし方

超高齢社会を迎えた日本人の意識を捉えるために、日本独自で終末期や老後についての調査を実施しました。「あなたは、病院・施設と自宅、どちらで最期を迎えたいと思いますか?」という質問に対して、「自宅」で迎えたいが62.9%、「病院・施設」は37.1%と、自宅派が病院・施設派を圧倒的に上回る結果となりました。一方で年齢が高くなるにつれて「病院・施設」と答える割合が増えており、自宅で最期を迎えたいと思いながらも現実的には難しい日本の現状を示唆しています。また、「あなたは、安心して老後を迎えるために、社会としてどのような仕組みが必要だと思いますか?」の問いには、「年金や医療保健など社会保障の充実(76.0%)」、「医療サービスの充実(62.6%)」、「介護サービスの充実(54.0%)」に続き、「在宅での健康管理支援サービス」も48.1%の人が必要だと答えており、ホームヘルスケアの重要性が示唆される結果となっています。

 

 

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグは、「フィリップスは、世界中の人々に健康とやすらぎを提供する企業として、こうした調査結果から得られるグローバルな知見を活用して、超高齢社会を迎えた日本市場に貢献する製品やサービスについてしっかりと検討をしていきたいと考えています」と述べています。

 

 

 

 「フィリップス インデックス」は、2009年に開設されたフィリップス センター フォー ヘルス アンド ウェルビーイング(The Philips Center for Health and Well-being)による調査で、世界25カ国を対象に調査を進めています。「フィリップス インデックス ジャパン 2010」は、全国47都道府県の18~79歳の男女計1,000名にインターネット調査を行った結果をまとめたものです。「フィリップス インデックス ジャパン 2010」は、フィリップス エレクトロニクス ジャパン公式サイト(http://www.philips.co.jp/)からダウンロードできます。

※「トップページ」→「フィリップスについて」→「ニュースセンター」→「2010年9月8日 フィリップス、健康および精神的充足度に関する調査を実施」

*1 9カ国:日本、米国、ドイツ、ブラジル、中国、スペイン、オーストラリア、オランダ、ベルギー

*2 WHOによる世界保健統計2010

フィリップス センター フォー ヘルスアンド ウェルビーイングについて

フィリップス センター フォー ヘルス アンド ウェルビーイング(The Philips Center for Health and Well-being)は、人々や地域社会、有識者に対し重要なテーマを提供し、議論を活性化させるためのフォーラムです。同センターは、人々の健康および精神的充足度を向上することを阻害している原因を取り除き、また、可能な解決策を見出すことを目的に、専門家と共に対話と議論のための機会を設けます。詳細についてはホームページをご参照ください。(http://www.philips-thecenter.org) 

.

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸入ならびに販売を開始しました。現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、約1,000名の従業員を擁し、全国約30ヶ所に事業所を展開しております。詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX: PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、人を中心に技術とデザインを統合します。世界60ヶ国以上に116,000人の従業員を擁し、2009年の売上は230億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、薄型テレビ、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

お問い合わせ

本調査結果に関するお問い合わせ:
フライシュマン・ヒラード・ジャパン 株式会社  山県/原
TEL 03-6204-4334   FAX 03-6204-4302  Email  shinichi.yamagata@fleishman.com

 

その他、企業に関するお問い合わせ:
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL 03-3740-4551


 

.