フィリップスの企業ブランド情報サイト「Unknown Heroes」新コンテンツUPのお知らせ。マンモグラフィ検診の真実。~乳がん検診を受ける本当の意味~

10月 5, 2011

フィリップスの企業ブランド情報を発信するサイト「Unknown Heroes(アンノウンヒーローズ)~フィリップスの知られざるヒーローたち~」に、新コンテンツがUPされました。是非ご覧ください。

 

新コンテンツ
スペシャルインタビュー:乳がん検診特集01 「マンモグラフィ検診の真実。~乳がん検診を受ける本当の意味~

 

 

新コンテンツ内容
マンモグラフィによる乳がん検診が一般的になってから数年。実は、乳がんによる死亡率は、減少していません。国が費用を負担する「対策型検診」を40代から受診できるにも拘らず…。さらに昨年の11月、米国予防医学専門委員会(USPSTF)からは「40代のマンモグラフィは推奨しない」との見解が発表されました。もし、受診さえしていればがんは見つかる、と日本中の女性が思っているとしたら…。そんな日本の女性の未来を左右するこの問題について、日々対応策を練り続けているドクターがいました。聖マリアンナ医科大学附属研究所ブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック 院長の福田 護 先生です。


フィリップスは今回、ヘルスケア関連の技術革新や機器開発だけではなく、健やかで満ち足りた生活を陰ながら支える企業として、ひとりでも多くの女性を乳がんから救う一助となれるよう、日本乳癌検診学会理事長も務めている福田先生にお話を伺いました。40代は本当に推奨できないのか。それとも米国だけの事情なのか。果たして日本ではどうなのか。あなたと、あなたの大切な人のために、マンモグラフィ検診の真実を、ぜひご一読ください。

 

 

 

 

 

次回UP予定
次回の「Unknown Heroes」では、「スペシャルインタビュー:乳がん検診特集02」をUPする予定です。どうぞお楽しみに!

 

Unknown Heroesホームページはこちら 

 

Unknown Heroesについては、以下をご参照ください

$(GEO{'country_code'})"};