フィリップス、明るさが約20%向上*1した自動車ヘッドライト用バルブ新製品「エクストリーム アルティノン HID 6200K」を4月上旬より販売開始

3月 17, 2015

   株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、従来製品より約20%明るさが向上した自動車ヘッドライト用バルブの新製品「エクストリーム アルティノン HID 6200K(X-treme Ultinon HID 6200K)」を、4月上旬より全国の自動車用品店および通信販売を通じて順次販売します。

 

   従来、HIDバルブは色温度を上昇させると光量が落ちるという課題があり、色温度の高い製品は、見た目の良さとは逆に夜間の視認性が低下することが弱点でした。「エクストリームアルティノン HID 6200K」は、従来製品と比べて約20%明るさが向上し、D2タイプで3300 lm、D4タイプで3000 lm の光量を達成することに成功しました。これにより、見た目の良さに加えてドライバーの視認性も向上し、安心して夜間の運転を楽しむことができます。

   さらにユニバーサルタイプの口金を採用し、付属部品のいらないS/R共通の仕様のため、簡単に装着いただけます。

 

   フィリップスは今後も、高品質な自動車用バルブの提供を通じて、ドライバーや同乗者の安全と快適なドライビングに貢献していきます。

 

 

「エクストリームアルティノン HID 6200K」製品仕様

 

用途

製品名

定格

タイプ

色温度(K)

光束(lm)

個数

保証期間

ヘッドランプ

6200K D2 S/R 3300 lm

85V 35W

D2S/R

6200K

3300 lm

2

3年間

ヘッドランプ

6200K D4 S/R 3000 lm

42V 35W

D4S/R

6200K

3000 lm

2

3年間

*国産車・輸入車対応可。

 

*1当社従来製品比(2014年)

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル分野の製品を扱っています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。2015年には、カテーテルおよびワイヤーを使用した血管内イメージングおよび生理学的評価を行う装置を取り扱うボルケーノ・ジャパン株式会社を傘下に入れました。日本におけるフィリップスは3社合わせて約2,100名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2014年の売上は214億ユーロ、世界100ヵ国以上に約105,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

製品に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクスジャパン

ライティング事業部 オートモーティブライティング部代表 TEL: 03-3740-5153 (http://www.philips.co.jp/lighting)

 

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 

ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-5896

 

.