フィリップス、ハロゲン代替LEDランプの新モデル「MASTER LEDspot MV PF」を発売開始

5月 16, 2012

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、店舗照明や一般家庭でも使用されているハロゲンランプに代替する、LEDランプ「MASTER LEDspot MV PF(マスターLEDスポット MV PF)」を発売しました。

 

 「MASTER LEDspot MV PF(マスターLEDスポットMV PF)」は、ラインボルトで使用可能な リフレクター付きのJDRハロゲンランプ*1 のうち、ランプ外径50mm、40W相当タイプのランプに置き換えて使用できるLEDランプです。ハロゲンランプ40Wに対し、消費電力5.5Wという85%以上の省エネ性と、業界最高レベルの明るさ 55lm/W*2を確保しました。今回発売した「MASTER LEDspot MV PF*3」は、昨年発売の「MASTER LEDspot MV」をさらにコンパクト化し、ハロゲンランプの形状をより忠実に再現しています。そのため、既存の照明器具に装着しても違和感がなく、より手軽に省エネリニューアルが可能です。
 
*1 JIS規格のラインボルト リフレクター付きのJDRタイプのうち40W相当タイプが対象。
*2 JDRハロゲン40W相当のLEDランプ内での比較。当社調べ。
*3 PFはPerfect Fit(パーフェクト・フィット)の略。MVはメインボルト(Main Volt)100Vで使用する製品。

 

 

 フィリップスでは、照明器具の交換工事をせずとも、ランプ交換をするだけで既存の照明器具でそのまま使用できる省エネルギーなランプを「レトロフィット(Retro Fit)」と呼んでいます。MASTER LEDspotシリーズの最大の特長は、レトロフィットが可能なことです。


 一般的に、LEDランプは、コンパクトさと明るさを両立するのが難しく、明るさを保つにはランプ本体のヒートシンク部分が大きくなり、既存の照明器具には装着できない場合がありました。MASTER LEDspotシリーズは、これらの問題を解決し、既存の照明器具でも、ランプを交換するだけですぐに使用できる、簡単・明快なLEDランプです。既に発売しているローボルトタイプのLEDランプ「MASTER LEDspot LV MR16」「MASTER LEDspot LV MR11」に加え、今回ラインボルトタイプの形状も揃ったことで、より多くの照明環境で違和感なく省エネルギーなLEDへリニューアルを進めることが可能です。

 

 

製品リーフレットはこちら

 

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、健康で満ち足りた生活を提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティング分野における世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づき、人を中心として技術とデザインを融合したソリューションを提供します。世界100ヵ国以上に約122,000人の従業員を擁し、2011年の売上は226億ユーロで、循環器疾患ケア、急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメント、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

本件に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン
ライティング事業部 ゼネラルライティング
TEL: 03-3740-5156

(http:// www.philips.co.jp/lighting)

.

その他、企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

.