フィリップス、蛍光灯置換えの直管形LEDランプでジーク京都店オフィスを照明リニューアル

8月 23, 2011

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日、内装設計工事会社であるジーク株式会社(本社: 京都市南区、代表取締役社長:湯淺 圭一、以下 ジーク)京都店の照明リニューアルに、今夏発売のフィリップスの直管形LEDランプ「MASTER LEDtube(マスターLEDチューブ)」が採用されたことを発表しました。

 

 今回採用された「MASTER LEDtube(マスターLEDチューブ)」は、オフィスや施設のベース照明として幅広く使用されている、直管形蛍光灯に置き換え可能なLEDランプです。今回の照明リニューアルでは、1階から3階のオフィスフロアおよび会議室に設置されている天井ベース照明器具のうち、蛍光灯約350本をフィリップスのマスターLEDチューブに交換し、約50%の消費電力削減を実現しました*。
*当社試算値、従来蛍光灯FLR40Wとの比較(器具電力ロスを10%加味して試算)。

 

 ジーク株式会社 京都店 店長 牧野誠氏は、「120年の歴史をもつ光源メーカーであるフィリップスの直管形LEDランプは、通常LEDが不得意とする色の再現性にも優れ、演色性Ra85という優れた光質で空間に自然になじみます。また、既存の蛍光灯器具で使用できるG13口金タイプを採用しており、電源内蔵タイプであるため工事の手間が最小限というアドバンテージがあります。導入企業にとっては、LEDリニューアルのコストを抑えながら、蛍光灯に勝る省エネ・節電を実現することができます」と述べています。

 

 株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン ライティング事業部 事業部長 岸和紀は、「ジーク株式会社様のような、設計・施工提案力を持つ内装設計工事会社様において、フィリップスの直管形LEDランプの効果をご理解いただけたことを大変嬉しく思います。この実績をもとに、より多くのお客様の照明空間において、さらなる環境配慮と照明環境の向上に貢献していくことを期待しています」と述べています。

 

直管形LEDランプ「MASTER LEDtube(マスターLEDチューブ)」採用後のオフィス

 

 

 

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,700名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX:PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、人を中心に技術とデザインを統合します。世界100ヶ国以上に120,000人の従業員を擁し、2010年の売上は223億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

本件に関するお問い合わせ:

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ライティング事業部 ゼネラルライティング
TEL: 03-3740-5156(http:// www.philips.co.jp/lighting)

.

その他、企業に関するお問い合わせ:

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

.