フィリップス、品川本社オフィスを直管形LEDランプでリニューアル

8月 23, 2011

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日、品川本社ビルの照明をリニューアルし、今夏発売の直管形LEDランプ「MASTER LEDtube(マスターLEDチューブ)」を設置したことを発表しました。

 

 フィリップスは、今回の照明リニューアルで、品川本社ビル全8フロアに使用していた蛍光灯2,652本を、フィリップスのマスターLEDチューブに交換しました。交換したのは、
1階から8階までの全執務エリア、およびカフェテリア、トイレ、給湯室などの共用部の天井ベース照明です。これにより、灯体比較で約45%の消費電力削減を実現し*1、フロアトータルの照明電力値で比較しても、各フロア約30%から40%の省エネを達成しました*2。
*1,2当社試算値、既設の海外フィリップス社製蛍光灯TLD36Wと比較した数値(器具電力ロスを10%加味して試算)。

 

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン代表取締役社長 ダニー・リスバーグは、「フィリップスは、世界におけるライティングのリーディングカンパニーとして、オフィスや施設照明をはじめとする最新のLED照明を展開しています。節電のため間引き点灯をしていた品川本社オフィスが、低消費電力のLEDランプにリニューアルすることで、オフィス内に自然な明るさが戻りました。まず社員が健やかな照明環境を体感・実感することで、お客様に対してもLED照明の大切さ、可能性をお伝えするきっかけになることを期待しています」と述べています。


直管形LEDランプ「「MASTER LEDtube(マスターLEDチューブ)」導入後の品川本社オフィス

 

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,700名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX:PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、人を中心に技術とデザインを統合します。世界100ヶ国以上に117,000人の従業員を擁し、2010年の売上は223億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

本件に関するお問い合わせ:

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ライティング事業部 ゼネラルライティング
TEL: 03-3740-5156(http:// www.philips.co.jp/lighting)

.

その他、企業に関するお問い合わせ:

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

.