フィリップス、蛍光灯置き換えの直管形LEDランプでイオンディライト大阪オフィスを照明リニューアル

8月 23, 2011

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日、イオンディライト株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:梅本 和典、以下 イオンディライト)の大阪本社照明リニューアルに、今夏発売のフィリップスの直管形LEDランプ「MASTER LEDtube(マスターLEDチューブ)」が採用されたことを発表しました。

 

 今回イオンディライトに採用されたフィリップス製品は、直管形蛍光灯に置き換えて使用することのできるLEDランプです。オフィスや施設のベース照明として幅広く採用されている直管形蛍光灯をフィリップスのマスターLEDチューブに置き換えることで、約40%から50%の消費電力削減効果が見込めます*1。

 導入先のイオンディライトでは、4F~7Fオフィスフロア(合計1,092灯)の照明リニューアルを行い、そこから得たLEDランプの特長や施工手法などの知見をもとに、お客さまのオフィス環境に最適な節電・省エネの提案を目指しています。
今回フィリップスは、7Fオフィスフロアに設置されている天井ベース照明器具の蛍光灯合計370灯をフィリップスのマスターLEDチューブに交換することにより、最大約50%の消費電力削減を実現しました*2 。
*1,2 当社試算値、従来蛍光灯FLR40WおよびFHF32W使用時の器具電力ロスを10%加味して試算)。

 

 株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン ライティング事業部 事業部長 岸和紀は、「この度、イオンディライト様の大阪本社にフィリップスの直管形LEDランプが採用されたことをとても嬉しく思います。今後もフィリップスの直管形LEDランプがより多くのオフィスで採用され、環境配慮と照明環境の向上に貢献していくことを期待しています」と述べています。

 

 

イオンディライトについて
イオンディライト(本社:大阪市、代表取締役社長:梅本 和典)は、お客さまのノンコア業務を一括してお引き受けし、経営戦略上重要な事業(コア事業)に専念できる環境をご提供する、総合ファシリティマネジメントサービス(総合FMS)事業を展開しております。国内外を含め600以上あるサービス拠点に設備管理、清掃、警備、建設施工、資材関連、自動販売機などの主力事業に関する豊富な知識と経験を有する技術者やスタッフを配置し、業界随一のネットワークを構築しています。さらに、環境ビジネスの分野においても、LEDランプを始め、太陽光発電設備やデマンドコントローラーの設置など節電・省エネ対策を強力に推進しています。イオンディライト株式会社の詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.aeondelight.co.jp/

 

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,700名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX:PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、人を中心に技術とデザインを統合します。世界100ヶ国以上に117,000人の従業員を擁し、2010年の売上は223億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

本件に関するお問い合わせ:

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ライティング事業部 ゼネラルライティング
TEL: 03-3740-5156(http:// www.philips.co.jp/lighting)

.

その他、企業に関するお問い合わせ:

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

.