フィリップスルミレッズ、葛飾北斎生誕250年を記念する福岡市博物館の「大北斎展」をLED照明を通じてサポート

2月 3, 2011

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン ルミレッズ事業部(本社: 東京都港区、以下 フィリップス)は、LUXEON LEDの照明ソリューションを提供することで「大北斎展」をサポートすることを発表しました。「大北斎展」は2011年3月17日(木)から5月22日(日)まで福岡市博物館で開催され、江戸時代の浮世絵師葛飾北斎の、錦絵、版本挿絵、絵手本、摺物をはじめ、新発見・初公開を含む肉筆画まで、あらゆる分野の代表作約300点が公開されます。


 ルミレッズのLUXEON LEDは、高品質でエネルギー効率が高く、紫外線や発光による熱を発生しません。今回の「大北斎展」における浮世絵のような、紫外線による退色が特に懸念される歴史的な作品に対して、より安全な照明となります。

 

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン ルミレッズ 事業部 ゼネラルマネージャ 山田範秀は「このたび、福岡市博物館で2ケ月間開催される『大北斎展』をサポートできることをとても嬉しく思います。ルミレッズのLEDが日本を代表する浮世絵をさらに美しく優しく照らし、訪れる方々が楽しく鑑賞できるよう、また、家庭や人々の集まる場所にもLEDの役割を広げていきたいと考えています」と述べています。

 

「大北斎展」について
会期: 2011年3月17日(木)~5月22日(日)の59日間
会場: 福岡市博物館特別展示室A・B
主催: 福岡市博物館、西日本新聞社、TVQ九州放送
後援: 文化庁、福岡県、(財)福岡市文化芸術振興財団ほか
監修: 葛飾北斎美術館 館長 永田生慈
協賛: フィリップス ルミレッズ 、株式会社 遠藤照明

 

 

$(GEO{'country_code'})"};