フィリップス、MRI装置専用ライティングソリューション「In-bore solution」を発売


MRI検査中に映像と音楽で患者様の不安を軽減

4月 10, 2015

   株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、4月17日より、MRI装置専用に開発された、ライティングソリューション・アンビエント エクスペリエンス「In-bore solution(インボア ソリューション)」の販売を開始することを発表しました。

 

 

 

 

In-bore solution(インボア ソリューション)」

 

 

   フィリップスは、創業より長年培ってきたライティング技術を応用した医療機関向けライティングソリューションであるアンビエントエクスペリエンス[1]を従来より販売しており、MRIやCT等の検査時の患者様の不安を軽減し、リラックスできる検査室の環境を提供してきました。

 

   今回、発売するMRI装置専用の新たなライティングソリューション「In-bore solution」は、狭いMRI装置本体の中で、患者様が映像と音楽を楽しみながらリラックスした環境で検査を受けることを可能とするソリューションです。映像はMRI装置の背面に特殊モニターを設置し、特別に用意されたミラーで投影します。

 

   MRI検査の需要は年々高まる一方ですが、その検査環境は、長時間狭いMRI装置内の環境にさらされ、患者様にとっては改善が必要な状態でした。フィリップスの「In-bore solution」により、下記の課題の改善が見込まれます。

 

  • 映像と音楽でリラックスした環境で検査を受けることが可能
  • 検査時の不安とそれにより発生する不意の挙動による再撮影の低減
  • 検査を受けた患者様とそこで働くスタッフの体験が他施設との差別化になり、結果、患者数の増加と検査自体のスループット向上に貢献

 

   さらには「In-bore experience」により、MRI検査中に発生する音を軽減する新しい技術ConforTone(コンフォトーン)で最大80%[2]のノイズを低減させることができます。

 

   高まる検査環境に対するアメニティ性向上の需要と病院戦略としての差別化アイテムとして、映像、音楽、ライティングによるリラックス環境の提供は今後ますます注目されていきます。「In-bore solution」を始めとするアンビエント エクスペリエンスは、フィリップスが考える新しいMRI装置のソリューションとしてお客様に提供してまいります。

 

  「In-bore solution」の希望販売価格は、2千4百万円で(税込、仕様により異なります)、国内初年度の販売目標台数は約20台を見込んでいます。

 

 尚、本「In-bore solution」は、4月17日(金)~4月19日(日)にパシフィコ横浜にて開催される「2015国際医用画像総合展(ITEM in JRC 2015)」のフィリップスブースにて、日本初の実機展示を行います。


 



*[1] アンビエント エクスペリエンスは、フィリップスの医療機器事業部と照明機器事業部が共同で開発したもので、MRIやCTなどの撮影室の天井に光の三原色である赤、青、緑の光が無段階に調光できる光源を配置して、部屋全体の色調を変えるものです。これにより、撮影室に入るとまるで虹の中にいるように、壁面も天井も思いのままの色調に変化させることができます。さらに、壁面には患者さんを和ませる宇宙空間や森林といった風景や、小児が好きなアニメーションを投影し、その情景をかもし出すBGMを流すことができます。これにより患者さんが撮影室に入るとまるで別世界にいるような気分になり、リラックスすることができるのです。

*[2] 海外フィリップス社調べ。ConforToneを使用しなかった場合との比較

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル分野の製品を扱っています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。2015年には、カテーテルおよびワイヤーを使用した血管内イメージングおよび生理学的評価を行う装置を取り扱うボルケーノ・ジャパン株式会社を傘下に入れました。日本におけるフィリップスは3社合わせて約2,100名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2014年の売上は214億ユーロ、世界100ヵ国以上に約105,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクスジャパン 

ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-4551

 

.

製品に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクスジャパン 

ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL: 0120-556-494

 

.