フィリップス、FPD搭載モバイルCアームシステム「Veradius Unity」発売


タッチディスプレイによる簡便な操作性で手術室のイメージングをより効率的に

12月 25, 2014

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、12月25日より、新型FPD(フラットパネルディテクタ)搭載モバイルCアームシステム「Veradius Unity(ベラディウス ユニティ)」の販売を開始することを発表しました。 

Veradius Unity(ベラディウス ユニティ)

 

「Veradius Unity」は2010年5月に販売を開始した「Veradiusシリーズ」にフィードバックを施した第3世代のFPD搭載機種で、今回、手術室での使用に際し、既存のシステムで抱えていた3点の問題点を改良しました (以下参照)

 

モバイルCアームシステムでありながら大視野を有する「Veradius Unity」は、ステントグラフトを用いた腹部大動脈瘤の治療や脳神経外科分野の血管内治療にも威力を発揮します。

 

そのため、最近脚光を浴びているハイブリッド手術室(Hybrid OR)に導入するX線診断装置の強力な候補になります。

 

フィリップスは、1955年から世界に向けてイメージ・インテンシファイアを搭載したモバイルCアームシステムの発売を開始し、世界のモバイルCアームの市場に25,000台以上を販売してきた実績を有しています。

 

一方、長いX線装置開発の歴史の中で、フィリップスは、1980年代よりX線の新しいデジタル化に注目し、アモルファス半導体技術を採用したフラットパネルディテクタの研究にいち早く着手しました。その結果、国内では2002年よりFPD搭載血管撮影装置の販売を開始し、現在では、ハイエンドの装置として大規模病院などに高い実績を維持しています。「Veradius Unity」には、このFPD搭載血管撮影装置の貴重なノウハウが凝縮されています。

 

「Veradius Unity」の希望販売価格は、1億6千万円で(税込、仕様により異なります)、国内初年度の販売目標台数は約20台を見込んでいます。

 

<既存のVeradiusシリーズからの改良点>

 

1. ClearGuideによる先進の操作性

 

手術室におけるモバイルCアームに対する改善要求で、一番にあげられるのはワークフローの改善です。今回ClearGuideテクノロジーにより迅速に、より正確なポジショニングのための新機能を追加しました。ポジションメモリ機能は術中のキーのCアームのポジションを記憶し、それらを再現する際に威力を発揮します。操作モニタ上に色分けされたそれぞれのCアーム稼働部位に調整するだけで容易に目的のCアームポジションが再現できます。
また、術中に微調整したい場合もフラットパネルに記された12時、3時、6時、9時の情報がそのままモニタ画像上にリンクして表示され、術者とCアーム操作者との間のコミュニケーションを円滑にします。

 


 

Cアームの現在の位置の目標ポジションの比較が容易に可能

 


 

フラットディテクタ上の位置情報と画面上のリファレンス番号が リンクしているので術者の意図する方向が正確に伝達されます

 

2. Smart Exam Selection:効率的な部位別撮影条件設定

 


 

手技のタイプと解剖学的な領域をタッチ選択すると
必要最低限の適正な被ばく線量にコントロールされます

 

全身の様々な部位に対する手技はそれぞれ最適な撮影条件設定があります。従来はこれらを目的部位ごとに手技名で記憶させ呼び出していましたが、「Veradius Unity」では目的部位の解剖学的な領域をモニタ画面上から選択するだけで簡単にセッティングが完了します。

それぞれのパラメータは必要最低限の被ばく線量でコントロールされ、目的にあった高画質が再現されるので、操作者の技量によらず常に安定した画質と被ばくコントロールのもとで手技を行うことができます。

 

3. タッチスクリーンモジュール搭載:指先タッチによる新感覚操作

 

 

新たなインターフェイスとしてタッチモジュールを装置本体に搭載しました。X線透視画像の表示はもちろん、各種操作をタッチ操作で簡単に行えます。
従来、機能別に配置された各種操作が「Veradius Unity」では臨床画像上を直接タッチしながら操作可能です。新たなデザインにより操作性も向上します。

 

X線照射範囲の設定やマスキングなどを臨床画像を見ながらタッチ操作でダイレクトに操作が可能

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2013年の売上は233億ユーロ、世界100ヵ国以上に約115,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-4551

.

製品に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL: 0120-556-494

.