フィリップス、新型超音波診断装置 「Affiniti(アフィニティ)」 を発売


プレミアム品質をリーズナブルに。現場の声にお応えしたルーチン・マシーン

10月 16, 2014

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日10月16日より、新型超音波診断装置 「Affiniti(アフィニティ)」 の販売を開始します。

 

 「Affiniti」 のコンセプトは“Mini EPIQ(ミニ・エピック)”。フィリップスのプレミアム超音波診断装置*1 である 「EPIQ」 を踏襲したデザインは、画面サイズはそのままで筐体 (きょうたい) の小型化 (「EPIQ」と比較して約20%減) に成功しました。これにより、“高性能機をいつでも、どこでも” という現場のニーズにお応えいたします。トランスジューサには PureWave クリスタル*2 を採用し、描出困難な患者様の診断を容易にします。さらに、A.I.*3 を搭載した定量解析ソフトQLAB (キュー・ラボ)*4 や、乳腺や肝臓の硬度を定量測定するエラストグラフィ*4が搭載可能です。心臓・腹部・産婦人科などの全てのアプリケーションに対応した、オールマイティな装置です。

 

 

 

*搭載可能なトランスジューサは計23本

 

 「Affiniti」 の希望販売価格は、7千万円で(税込、仕様により異なります)、国内初年度の販売目標台数は約300台を見込んでいます。

 

市場状況と顧客ニーズ
近年、超音波診断市場では、診断領域に特化した専用機のニーズと、さまざまな領域に対応可能な汎用機のニーズの、二極化が進んでいます。従来、中小規模の病院では、検査室から病棟ポータブルまで1台でできる、コンパクトで操作性の良い装置が求められてきました。これに加え、大規模病院でも超音波センターを設立し、超音波装置を一括管理する流れがあり  “1台で何でもできるエコー” が求められつつあります。これらの市場の中で、フィリップスは数十年に渡り、循環器プレミアム超音波診断装置*5 を提供し続けてきました。しかし、今回、プレミアムクラスの機能をそのままに、全てのアプリケーションに対応するコンパクトな新製品 「Affiniti」 を発表いたします。これまで、最上位機種でのみ使用可能であった様々な最新技術を搭載*6 し、日本のユーザーの声を反映させた操作性 (タブレット型タッチスクリーンなど) を採用した、新しい世代の超音波診断装置です。

 

新型超音波診断装置「Affiniti」の主な特長
1. 新しいプラットフォーム設計 "Mini EPIQ" 
 
「フィリップスの超音波診断装置は、性能は良いが大きい」 という、お客様からの声に耳を傾け、日本の使用環境に合わせたデザインを開発しました。プレミアムクラスの高性能をコンパクトな筐体(きょうたい)(約80kg)に収めた、全アプリケーションに対応したオールマイティな装置です。起動音は “図書館にいるような静かさ(37-41dB)” で診断に集中できる環境を提供し、省エネ設計(<289VA) で地球環境に優しいデザインです。新しいタブレット型インターフェースを採用し、検者の動線を短く (40-80%減*7 )、操作回数を減らし (15%減*8 )、限りなくシンプルで直観的な操作を実現しました。また、長期間安定してお使いいただけるよう4,500時間を超える負荷試験を実施し、耐久性にも優れた装置です。
 
2.  PureWaveクリスタル(単結晶)テクノロジー
「Affiniti」 は、プレミアムクラスにのみ搭載がゆるされていた PureWave クリスタル(単結晶) トランスジューサが使用可能です。食生活の変化とともに、日本人でも肥満患者が増加する傾向にあり、これらの一般的に超音波で “見えにくい” と言われる患者さんの検査に、PureWave クリスタルは大きな力を発揮します。検査時間が最大38%短縮でき*9 、検者の負担が最大85%軽減*9できるという臨床研究データが発表されています。すべての患者さんの診断に自信を与える画像を提供できる PureWave クリスタルのニーズは、今後ますます高まると予想されます。

 

3.  アドバンス定量解析*4
「Affiniti」 は豊富な解剖学的構造モデルのデータベースを有し、これに基づいたアクティブな診断サポートが可能です。ユーザーがクリックすることを必要としない、心機能の定量解析アプリケーション “ZeroClick テクノロジー”  (aCMQA.I.) や、近年、要望が高まってきている Auto EF: 自動駆出率算出(a2DQA.I.) により診断をサポートいたします。これらにより、これまで問題であった、検者による結果の違いをなくし、短時間で再現性の高いデータを臨床に提供します。この他にも、硬さを定量解析するエラストグラフィは、乳腺用 (ストレイン) と肝臓用 (シェアウェーブ) の2タイプを搭載可能です。これらの解析機能により、検査時間を短縮しつつ、日々の検査に新しいデータを追加し、診断レベルを高めることが期待できます。

 

*1  フィリップス社製超音波診断装置内での位置づけ
*2   PureWave クリスタルとは単結晶の圧電素子のことで、圧電変換効率がほぼ100%となっております
*3  A.I.とはAnatomical Intelligence の略で、装置内に内蔵された膨大な解剖学的臨床データのことです
*4   オプション

*5   フィリップス社製超音波診断装置内での位置づけ
*6   オプションを含む
*7  従来のフィリップス社製超音波診断装置 iE33 との比較
*8  従来のフィリップス社製超音波診断装置 iU22 との比較
*9  non PureWave  (PZTセラミック) トランスジューサとの比較

 

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp


.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2013年の売上は233億ユーロ、世界100ヵ国以上に約113,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-4551

.

製品に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL: 0120-556-494

.