フィリップス、腹部用超音波診断装置の最上位機種となる新型プレミアム*1 超音波診断装置「EPIQ 7G(エピック セブン ジー)」を発売


従来の超音波診断装置の限界を打ち破る先進技術を搭載し、腹部疾患の診断から治療までをサポート

5月 7, 2014

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日5月7日より、腹部用の新型プレミアム超音波診断装置「EPIQ 7G」の販売を開始することを発表しました。

 

 昨年10月に発表した循環器用専用機「EPIQ」に腹部系アプリケーションを搭載した新モデル「EPIQ 7G」は、日本のお客さまの声を取り入れ「Made with Japan」のコンセプトで開発したフィリップス初の腹部用超音波診断装置です。


 「EPIQ 7G」は、新たに開発した新小型高周波トランスジューサ「C9-2」により、これまでの画質を凌駕する高画質を実現します*2
 まず、近年ニーズが高まっている肝臓領域のソナゾイド造影*3 に関して、高感度・高分解能の画像を提供することができます。また、今回初めて搭載したShear Wave Elastography(シア ウェーブ エラストグラフィ)技術により、肝硬度を再現性高く測定することができます。治療に関しては、進化したFusion & Navigation(フュージョン アンド ナビゲーション)機能*4 により、インターベンション治療を効率的にサポートします。

 

 

 「EPIQ 7G」の希望販売価格は、1億円で(税込、仕様により異なります)、国内初年度の販売目標台数は約100台を見込んでいます。


 

超音波診断装置「EPIQ 7G」の主な特長


1. 新たに搭載した3機能で確信のある診断と治療をサポート
造影エコーに関しては、新小型高周波トランスジューサ「C9-2」を日本国内でソナゾイド造影用にチューンナップしました。さらに、nSIGHT(エンサイト)テクノロジーを用いることで、微小な変化まで感度良く検出することを可能にしました。最新技術Shear Wave Elastography(シア ウェーブ エラストグラフィ)を搭載することにより、肝臓の硬度をより簡便に再現性良く計測できるようになりました。また、進化したFusion & Navigation(フュージョン アンド ナビゲーション)機能により、より直感的な操作で正確なインターベンション治療をサポートします。

 

2. 画質の向上をもたらすnSIGHT(エンサイト)テクノロジー
過去30年間の超音波診断装置の開発の歴史の中で、超音波ビームの形成技術(ビームフォーミング技術)は進化を続けてきました。フィリップスのnSIGHTテクノロジーは、この歴史に革新的な1ページを刻む、まさに超音波の限界を打ち破る最新ビームフォーミングです。
従来のビームフォーミングでは、画像の空間分解能、時間分解能、そして組織の均一性は互いにリンクしており、一つの特性を改善しようとすると、もう一つの特性は逆の影響を受け低下します。nSITHGテクノロジーは、新しいPrecision Beamformer*5 と、Massive Parallel Processing*6 を組み合わせた革新的なアーキテクチャです。これに加え、新小型高周波トランスジューサ「C9-2」を用いることによって、従来法より圧倒的にイメージング性能が向上し、空間分解能は維持したままで、透過性は最大76%向上、時間分解能は213%向上させることが可能になりました*7  。これにより、これまで診断に十分な情報を得られなかった高い肥満度指数の患者さんに対しても高い性能を発揮します。

 

3. 作業効率を高め、使用環境を改善する卓越したシステムデザイン  
これまでの超音波診断装置の概念を捨て、一から新しくデザインし直すことで、プレミアムクラスの高性能をコンパクトな筐体に集約することに成功しました。重量は104.3kgでプレミアムクラスとしては最軽量*8 (自社従来製品と比較して約30.5%軽量化)であり、起動音(37-41dB)は“図書館にいるような静かさ”で診断に集中できる環境を提供します。新しいタブレット型インターフェースを採用し、検者の動線を短く(40-80%減*7)、操作回数を減らし(15%減*7)、限りなくシンプルで直観的な操作を実現しました。さらに、検査の効率化を高めるSmartExam(スマートエグザム)機能を活用することで、検査時間が30-50%短縮*9 し、検者の習熟度によらない高いレベルの一貫したルーチン検査が可能になります。

 


市場状況と顧客ニーズ


近年、超音波診断装置市場では、診断領域に特化した専用機のニーズと、さまざまな領域に対応可能な汎用機のニーズの二極化が進んでいます。腹部領域においては、従来の画像診断に加え、機能評価や治療ガイドとしての役割が求められる傾向があります。こうした市場の中で、フィリップスはこれまでの装置をあらゆる意味で凌駕する*7、腹部用新型プレミアム超音波診断装置「EPIQ 7G」を発表いたします。数多くの先進技術を搭載し、日本のお客さまの声を反映したコンパクトなデザインと、タブレット型タッチスクリーンを採用した、新時代の超音波診断装置です。

 

*1  フィリップス社製超音波診断装置内での位置づけ
*2  自社従来製品との比較
*3  ソナゾイドとは肝腫瘤病変の診断を行うための超音波造影剤で、ソナゾイド造影とはそれを使用した造影法です
*4  Fusion機能とは超音波画像と他モダリティ(CT/MRI/PET)画像をリアルタイムでフュージョン表示する機能、Navigation機能とは磁気センサーによるGPS機能を用い穿刺やラジオ波焼灼術のナビゲーションをする機能のことです
*5   Precision Beamformerとはリアルタイムに膨大な量の音響データを処理することでピクセルレベルまで焦点を合わせることです
*6   Massive Parallel Processingとはデータの大規模な並列処理を高速で行うことです
*7   自社従来製品との比較
*8   海外フィリップス社調べ
*9   SmartExamがある場合とない場合での比較


 

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2013年の売上は233億ユーロ、世界100ヵ国以上に約112,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-4551

.

製品に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL: 0120-556-494 / 03-3740-3213

.