フィリップス、デジタルX線一般撮影装置「DigitalDiagnost」をリニューアル発売


世界最軽量* 1 のカセッテ型ワイヤレスポータブルディテクタ(2サイズ)* 2 やグリッドレス撮影技術* 2を新たに搭載

4月 10, 2014

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日4月10日より、フラットパネルディテクタ搭載デジタルX線一般撮影装置 「DigitalDiagnost」 (デジタル ダイアグノスト)をリニューアルし、世界最軽量のカセッテ型ワイヤレスポータブルディテクタ (2サイズ)と、グリッドレス撮影を可能*3 にした新しいノイズ抑制処理技術(共にオプション)を新たに追加した新バージョンの販売を開始することを発表しました。

 

 優れたパフォーマンスと柔軟性により高い評価をいただき、全世界で6,000台を超える稼働実績をもつフィリップスの「DigitalDiagnost」シリーズは、2000年の販売開始以降、大規模病院クラスへのハイエンド(X線管球とフラットパネルディテクタ一体型)X線一般撮影装置の販売としては、国内外で高い実績を誇っています。

 

 新生「DigitalDiagnost」は、従来の製品コンセプトである5つのRadiography Room (X線一般撮影室、下記<参考資料>ご参照)をもとに、新たにカセッテ型ワイヤレスポータブルディテクタ 「SkyPlate (スカイプレート)」 (2サイズ)*2と、グリッドレス撮影技術「SkyFlow(スカイフロー)*2を追加し、顧客ニーズに応える最適なデジタル一般撮影室のソリューションを提供します。


 もちろん、従来の「DigitalDiagnost」で培われた高い画像処理技術「UNIQUE」や、X線発生器との一体型コンソール「Elevaワークスポット」など従来の特長はそのまま継承され、今回新たに追加された新機能で、さらに進化した新生「DigitalDiagnost」を提供いたします。

 

 

新生「DigitalDiagnost」の新機能

 

1. 「SkyPlate(スカイプレート)」(オプション):世界最軽量のカセッテ型ワイヤレスポータブルディテクタで、より自由で容易な検査が可能に

 

新しく生まれ変わったワイヤレスポータブルディテクタ「SkyPlate」はカセッテ型で、検査がより自由に容易に行うことができるソリューションです。CsI(ヨウ化セシウム)をシンチレータ(蛍光体)とした高画質対応型製品で、製品ラインナップとしては、14×17インチ(半切サイズ)、10×12インチ(四切サイズ)の2サイズ、重量は内蔵バッテリーを含め2.8kg、1.6kgとワイヤレスポータブルディテクタとして世界最軽量です。
また、取り外し可能な専用バッテリー充電器を搭載することで、急なバッテリー不足にも即座に対応が可能となりました。さらに、1枚のワイヤレスポータブルディテクタを複数の「DigitalDiagnost」で共有できる「ディテクタシェアリング機能」により、撮影室間での効率的な運営が図れます。   

 
2. 「SkyFlow(スカイフロー)」(オプション):グリッドレス撮影を可能にした新ノイズ抑制処理技術により、検査の効率化と高コントラスト画像を実現

 

新しいノイズ抑制処理技術 「SkyFlow」により、胸部撮影におけるグリッドレス撮影を可能にしました。この技術により、 ベッドやストレッチャーでの撮影における煩わしいグリッドによるオペレーションを排除することで検査効率化を図り、グリッド無しでも高いコントラスト画像を実現できるようになります。

 

 

<参考資料:5つのRadiography Roomをコンセプトとしたラインナップ>

 

1. 最大3枚のディテクタを搭載できるプレミアムソリューション「High Performance Room」
2. 1枚のディテクタで立位/臥位/軸位の撮影を可能にする「Flex Room」
3. 立位撮影装置と臥位撮影装置にワイヤレストレイを装備し、1つのワイヤレスポータブルディテクタを共有して使用できる「Value Room」
4. 胸部撮影のスループット向上と、メインの撮影室のバックアップとして活用できる「Chest Room」
5. ワイヤレスポータブルディテクタと天井走行式X線管支持装置だけのシンプルな組み合わせで、救急処置室や回復室などに最適な「Emergency Room」

 


  

*1 フィリップス社調べ。2014年4月10日時点。
*2 オプション。
*3 通常のX線撮影では、散乱線を除去しコントラストを改善するためにグリッドが使用されますが、新機能「SkyFlow」によりグリッドが無くても グリッド装着時と同等の撮影が可能となります。

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(https://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2013年の売上は233億ユーロ、世界100ヵ国以上に約115,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(https://www.philips.com/newscenter/

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-4551

.

製品に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL: 0120-556-494 / 03-3740-3213

.