フィリップス、腫瘍に対するインターベンションをサポートする新型血管撮影装置アプリケーション「OncoSuite(オンコスイート)パッケージ」を発売


最新のライブ3Dガイダンスとシミュレーション機能により腫瘍に対するインターベンションを強力にサポート

3月 18, 2014

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日、3月18日より、血管撮影装置の新型アプリケーションである「OncoSuiteパッケージ」の販売を開始することを発表しました。

 

 「OncoSuiteパッケージ」とは、腫瘍に対するインターベンションの肝動脈化学塞栓療法(TACE)*1 をはじめとする塞栓療法をサポートする「EmboGuide(エンボガイド)」と、アブレーション治療*2 に対するシミュレーション&イメージガイダンス機能を搭載する「XperGuide Ablation(エクスパーガイド アブレーション)」からなる、最新アプリケーションです。従来のDSA*3 、コーンビームCT*4 による術中の画像診断情報に詳細な3Dガイダンス機能を加え、術者を強力にサポートします。
 FPD(フラットパネルディテクタ)搭載血管撮影装置Allura(アルーラ)シリーズを導入されているユーザー様へのアップグレードも可能なパッケージです*5

 

    

 「OncoSuiteパッケージ」の希望販売価格は、4千万円で(税込、仕様により異なります)、国内初年度の販売台数は約30台を見込んでいます。

 

 

「OncoSuiteパッケージ」の主な特長

 

1. 「EmboGuide(エンボガイド)」- 腫瘍インターベンションの臨床現場から要望されたTACE(肝動脈化学塞栓術)治療時等の栄養血管候補の抽出補助機能を搭載した最新アプリケーション

 

TACEをはじめとする塞栓術をサポートする機能として「EmboGuide」ソフトウェアを搭載しています。この「EmboGuide」では、XperCT(コーンビームCT)より得られた3D 情報より腫瘤にかかわる栄養血管候補の抽出をサポートし、複雑で微細な塞栓ルート候補に対する治療戦略のシミュレーションを可能にします。
従来多数のDSA撮影を繰り返すことでしか確認できなかったターゲット栄養血管がより正確迅速に把握できる可能性が高まり、インターベンション手技の正確性とスピードの改善に貢献します。
また、DualPhase XperCT(デュアルフェイズ エクスパーシーティー)*6 では往復軌道でのXperCT収集が可能で、多時相の術中診断情報が必要なインターベンション治療時に、よりスピーディーに目的の3D画像収集が可能です。

 

   

 

2. 「XperGuide Ablation(エクスパーガイド アブレーション)」- 穿刺の3D イメージガイダンスと術前のシミュレートサポート

 

既に発表された穿刺ガイドソフトウェアXperGuide(エクスパーガイド)に、アブレーション治療時の焼灼範囲のシミュレーションサポート機能を搭載しました。最新の穿刺アブレーション手技(凍結治療、RFA治療*7 )に必要な3次元の焼灼範囲シミュレーションをサポートすることにより、術者が安心して手技に臨むことができます。

 

   

 

3. 既存のFPD搭載Alluraシリーズへのアップグレードも可能*8 

これから導入予定のご施設の血管撮影装置はもとより、既存FPD搭載のAlluraシリーズを導入されているユーザー様へのアップグレードも可能です。最新の治療現場のニーズに基づいた機能にアップデートいただくことが可能です。

 

 

 

 尚、本「OncoSuiteパッケージ」は、4月11日(金)~4月13日(日)にパシフィコ横浜で開催される、日本最大級の医用画像機器学術展示会「国際医用画像総合展(ITEM in JRC 2014)」のフィリップスブース(#101)で、初展示を行います。また、4月13日(日)12:00-12:50のランチョンセミナーでは、「高度なTACE治療を支援するコーンビームCTと新技術:EmboGuide」として、福井県済生会病院の宮山 士朗 先生に、本アプリケーションの研究成果にについてご講演を行っていただく予定となっています。

 

 

 

*1 TACE(肝動脈化学塞栓術)とは、肝臓がんに栄養を供給する血管を詰めて兵糧攻めにするカテーテル治療のことです。
*2 アブレーション治療とは、腫瘍組織を凝固してしまうラジオ波凝固法と、凍らせて細胞を殺す凍結療法があります。
*3  DSAとはDigital Subtraction Angiographyのことで、骨や背景の臓器を消して血管像だけを描出する、デジタル画像処理を利用した時間差分撮影のことです。
*4  コーンビームCTとは、円錐状X線を用いた回転撮影による断層撮影のことです。
*5  アップグレードにはいくつかの制限があります。詳しくはフィリップス営業担当までお問い合わせください。
*6  DualPhase XperCT機能のアップグレードには、血管撮影装置本体のリリースにより搭載の制限があります。
*7  凍結治療とは腫瘍組織を凍らせて細胞を殺す療法のことで、RFA治療とは腫瘍組織を凝固してしまうラジオ波凝固法のことです。
*8  アップグレードにはいくつかの制限があります。詳しくはフィリップス営業担当までお問い合わせください。

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきま

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2013年の売上は233億ユーロ、世界100ヵ国以上に約115,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-4551.

製品に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL: 0120-556-494 / 03-3740-3213

.