フィリップス、世界規模で展開するAEDの啓発活動「セーブライブズ」の一環としてNPO法人全国学童野球振興協会にAEDを寄贈


「第7回 学童軟式野球全国大会 ポップアスリートカップ」で大会会長アレックス・ラミレス氏に贈呈

12月 9, 2013

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、フィリップスがグローバルで取り組むAED(自動体外式除細動器)と心肺蘇生法(CPR)の啓発活動「セーブライブズ(Save Lives)」の一環として、NPO法人全国学童野球振興協会(所在地:兵庫県神戸市、理事長:伊藤 浩 氏)にAED 2台を寄贈しました。この寄贈式は、2013年12月8日(日)に横浜スタジアムで開催された、NPO法人全国学童野球振興協会主催の「第7回 学童軟式野球全国大会 ポップアスリートカップ」(以下 本大会)の決勝トーナメント表彰式で執り行われ、本大会会長であるアレックス・ラミレス氏(プロ野球選手)にAEDが贈呈されました。

 

 2012年に総出荷台数が全世界で100万台を突破*1するなどAEDの世界的リーディングメーカーであり、人々に健やかで満ち足りた暮らしを提供するフィリップスは、一般市民に対してAEDと質の高い心肺蘇生法の普及・理解促進を目的とする「セーブライブズ」活動を世界規模で展開し、日本においても2011年より本活動を開始しています。この「セーブライブズ」活動の一環としてフィリップスは、子供たちが安心して野球をプレーできることを願って、今回の寄贈を行いました。

 

 

 近年、スポーツの現場において、選手の安全を支えるのにAEDのサポートは必要不可欠となっています。野球などのスポーツ中の事故でもっとも懸念されることの1つが、突然の心停止です。実際に少年野球でバッターの打ったボールが投手の胸を強打し心停止が起きた事例もあり、突然の心停止は若く健康なアスリートにも発生します。突然の心停止を起こした人の救命の可能性は時間の経過とともに低下するため、ただちに胸骨圧迫などの心肺蘇生を行い、5分以内にAEDを使用した救命処置を行うことが非常に重要となってきます。

 

 「第7回 学童軟式野球全国大会 ポップアスリートカップ」大会会長であるアレックス・ラミレス氏は、「AEDは、私のようなスポーツ選手のパフォーマンスを保証する上で、とても重要な役割を果たしています。子供たちがより安全に、安心して野球をプレーできることが私の望みであり、そのような安全な環境づくりにAEDは大きく貢献すると思います」と述べています。

 

*1 日本での出荷台数は20万台以上(2012年9月現在)

 

 フィリップスは今後も「セーブライブズ」の活動を通じて、スポーツの現場において積極的にAEDを導入し、より安全なスポーツ環境の構築、救命率の向上に貢献していきます。

 

 

AED(自動体外式除細動器)とは?
突然の心停止の多くは心室細動が原因です。心室細動とは、心臓が何らかの原因で不規則なけいれんを起こしている状態で、血液を全身に送り出すことができなくなってしまいます。
AEDは、心室細動を起こしている心臓に電気ショックを与え、心臓のポンプ機能を正常な状態に戻し、突然の心停止から命を救うための医療機器です。
2004年7月1日に厚生労働省の通知により、非医療従事者がAEDを使用しても医師法違反にあたらないという見解を示し、非医療従事者によるAEDの使用が可能となりました。音声による操作ガイダンスが流れ、電気ショックが必要かどうかもAEDが自動で解析するので、それに従えば一般の方でもすぐに使うことができます。

 

 

AED取り扱いについての注意点
・AEDを設置した際は、AED管理者が、製造販売業者の推奨する保守点検を実施するとともに、AEDの常時使用可能な状態の確認をしてください。電極パッド、バッテリの使用期限の確認、および期限内の交換の実施を確実に行ってください。(電極パッドは使い捨てのため、再使用は禁止されています。)
・製品に同梱された表示ラベルは、電極パッド、バッテリ等の消耗品の使用期限がわかるように本体またはキャリングケース、キャビネット等のわかりやすい位置に設置してください。表示ラベル等が添付されていない場合は販売業者へ連絡してください。
・以下の場合は管理者が製造販売業者へ連絡してください。
- 不測の事態が発生したとき
- 譲渡するとき(高度管理医療機器等販売業の許可業者に限る)
- 廃棄するとき
・8歳未満の小児に対する成人用(標準)モードでのAED の使用は、小児用パッドあるいは小児用キーによる小児用モードを備えたAED が近くにない等、やむを得ない場合に限り使用してください。また、小児に使用する場合には、2 枚のパッドが触れ合わないよう特に注意してください。
・ 添付文書を必ずお読みください。

AEDは救命処置のための医療機器です。AEDを設置したら、いつでも使用できるように、AEDのインジケータや消耗品の有効期限などを日頃から点検することが重要です。製造販売業者または販売業者が、設置者の保守管理の手間を軽減する独自のサービスをご用意しております。お客様のご都合に合わせて、これらを利用し、いつでもAEDが使える状態にしておいてください。

販売名:ハートスタートHS1
医療機器承認番号:

 21700BZY00426000
特定保守管理医療機器

 /高度管理医療機器

販売名:ハートスタート FR3
医療機器承認番号:

 22300BZX00259000
特定保守管理医療機器

 /高度管理医療機器

販売名:ハートスタートFRx
医療機器承認番号:

 22000BZX00305000
特定保守管理医療機器

 /高度管理医療機器


「セーブライブズ(Save Lives)」について

「セーブライブズ」は、フィリップスのヘルスケア部門が中心となり、一般市民にAEDの普及と理解促進、および質の高い心肺蘇生法(CPR)の啓発を目的に2009年9月に立ち上げた社会活動です。日本では2011年2月より活動を開始しています。「セーブライブズ」の詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.savelives.net/ja-jp/

.

「学童軟式野球全国大会 ポップアスリートカップ 」について

NPO法人全国学童野球振興協会が運営する少年野球チームの全国大会で、全国1200チームを越える自主対戦式の学童軟式野球大会です。毎大会、プロ野球界の現役・OB選手を大会会長に招き各地区の開会式や全国大会で一緒に応援します。第7回目の今年は、アレックス・ラミレス氏が大会会長を務めました。詳細についてはホームページをご覧ください。
http://www.jrba.or.jp/events/popathletecup/about.php

.

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2012年の売上は248億ユーロ、世界100ヵ国以上に約114,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

本件に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-4551

.