フィリップス・レスピロニクス、京都府立医科大学と「ITを用いた高齢者における転倒・転落監視システム」について共同研究に着手


高齢者の転倒・転落を検知*1、自動で通報する「フィリップス緊急通報サービス」の効果を検証

6月 24, 2013

 フィリップス・レスピロニクス合同会社(本社:東京都港区、職務執行者社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)および京都府立医科大学(所在:京都府京都市、特任(名誉)教授:西村 恒彦 氏、大学院医学研究科地域保健医療疫学教授:渡邊 能行 氏)は共同で、文部科学省の科学研究費の費用により、「フィリップス緊急通報サービス」の転倒検知機能を利用し「ITを用いた高齢者における転倒・転落監視システム」の有用性についての研究を6月より開始します。

 

 日本の総人口に占める高齢者(65歳以上)の割合は24.1%*2で、全体の4分の1近くを占めます。また、救急搬送された高齢者(65歳以上)の事故種別割合をみると、一般負傷で搬送された高齢者のうち、「転倒」と「転落・滑落」合わせて8割以上を占めます*3。しかも転倒事故の半数以上の56.7%は自宅で発生しており*3、生活の中心である場所での危険が多いことを示しています。

 

 フィリップスが独自に691人のケアマネジャーに調査*4をしたところよると、現在担当中の利用者(総数 17,520人)のうち「転倒の危険がある」と思う利用者は7,473名で、全体の43%にものぼります。また、利用者のうち転倒によるケガや骨折で介護度が重度化した利用者は2,072名で、全体の12%を占めています。さらに、これまでに担当したすべての利用者のうち、転倒後、自分で起き上がれず数時間以上転倒したままだった利用者は全部で1,163名にのぼり、ケアマネジャー1人につき約1.7名、このような方が存在したことが分かります。

 

 このような高齢者の転倒に関する実情を背景として、フィリップスは京都府亀岡市の協力のもと、京都府立医科大学と共同で、高齢者の方に実際に、「フィリップス緊急通報サービス」のペンダントを1年間装着してもらい、一般の見守りサービスや緊急通報システムでは対応できない転倒・転落を検知*1、自動で通報する独自のサービスの有効性について検証します。

 

 ペンダントが転倒・転落を検知*1した場合、自動的に安全サポートセンター(コールセンター)を呼び出し、応答員が装着者の状態や持病・既往歴などを確認し、駆けつけ可能な協力者*5に救助を依頼することで、転倒・転落の早期発見につながり、利用者、およびその家族に安心感を生じさせ、その早期発見による効果により、医療費の抑制、介護の軽減、寝たきりの予防につながると考えています。

 

 今回の研究に参加してくれるのは、亀岡市の独居、昼間独居または高齢者世帯にお住まいの高齢者の方々約100名です。亀岡市は、2008年3月1日に日本で初めて、世界保健機構(WHO)協働センターが推進するセーフコミュニティ*6のメンバーとして国際認証を取得しており、日頃から人々が安心して暮らせる町づくりに積極的に取り組んでいることから、今回の研究に参加を表明してくれました。

 

 

【共同研究概要】
・実施期間:  

2013年6月から8月の間に順次開始し、約1年間実施*7


・研究参加者:  

京都府亀岡市の独居、昼間独居または高齢者世帯にお住まいの高齢者の方々約100名


・実施概要: 
研究参加者には普段どおりの生活を送りながら「フィリップス緊急通報サービス」の転倒検知機能付きペンダントを1日24時間、約1年間にわたり装着していただき、転倒・転落事故発生時や急病等の緊急事態などの記録を取ります。
本サービスの開始前、開始後1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後の計6回、研究参加者ご本人に、ADL(日常生活活動テスト)*8、老研式活動能力指標*9、転倒恐怖感、装着状態に対する違和感の有無、入浴時の違和感の有無、安心感、満足度評価等についてアンケート調査します。
ご家族や協力者*5の方にも、開始前、開始後1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後の計6回、同居・別居の別、安心感、本システムに体知る満足度評価等についてアンケート調査します。

 

 

【フィリップス緊急通報サービスについて】
「フィリップス緊急通報サービス」は、北米でPhilips Lifelineという名称のもと35年以上の長い歴史を有し、延べ利用者数が600万人を超えシェアNo.1*10を誇る、高齢者の自立した生活をサポートするサービスです。専用の通信機をご自宅の固定電話に接続し救助が必要なときに首から下げたペンダントのボタンを押すだけで、24時間365日、フィリップスの安心サポートセンター(コールセンター)に通報することができます。通報を受けると、安心サポートセンターの応答員が通信機本体に内蔵されたスピーカーを通じて加入者に呼びかけ、近所に住む協力者*5に加入者宅訪問を要請したり、必要に応じて救急隊員を手配*11するなどの対応を行います。転倒してケガをしたり気を失ってしまったときなど、自分でペンダントのボタンを押すことができない状況でも、ペンダントに内蔵されている複数のセンサーが転倒・転落を検知*1し、自動で同センターに通報します。

 

 

 

*1 検知率96%
*2 平成24年9月15日現在推計。総務省統計局調べ
*3 東京消防庁「平成22年版 火災と日常生活事故のデータからみる高齢者の実態(平成21年中)」より
*4 2013年、フィリップス・レスピロニクス調べ
*5 ご家族、近隣住民など、緊急時の駆けつけ要員としてあらかじめ登録している方
*6 事故やけがは偶然に起こるものではなく、予防することができるという理念のもと、地域住民と行政などの協働により、誰もがいつまでも安全安心して暮らせる町づくりを推進する取り組み
*7 参加者のスタート時期が個々により異なりますが、各人がスタートしてから約1年間を実施期間とします
*8 ADL(日常生活活動テスト)とは、日常生活での食事、衣類の脱着、トイレや入浴、歩行といった基本的な動作をどの程度行えるかを評価する検査
*9 老研式活動能力指標とは、ADL(日常生活活動テスト)の測定では捉えられない高次の生活能力を評価するために開発された13項目の多次元尺度
*10 2011年 北米(米国・カナダ)での利用者実績による
*11 応答員が加入者と全く会話が出来ない場合、救急車の出動要請ができない地域が一部あります。当該地域については協力者の駆けつけ後に救急車の出動要請を行います。

フィリップス・レスピロニクス合同会社について

フィリップス・レスピロニクス合同会社はハイテクME機器の開発及び輸入会社として1984年に創業しました。その後は呼吸医療と睡眠医療の専門企業として、高性能人工呼吸器やCPAP装置、そしてそれらの関連機器の輸入から供給まで一貫したサービスの提供に努めております。
フィリップス・レスピロニクス合同会社の詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips-respironics.jp/

.

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。
2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2012年の売上は248億ユーロ、世界100ヵ国以上に約116,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/
将来予想に関する記述について
このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4551

.

製品・サービスに関するお問い合わせ

フィリップス・レスピロニクス合同会社 お問い合わせセンター
TEL:0120-504-840 / 048-660-1172

.