フィリップス、リアルタイム3次元経食道エコー機能を搭載した世界初*1 のプレミアムポータブル超音波診断装置「CX50 xMATRIX」を発売

9月 3, 2012

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日9月3日より、プレミアムポータブル超音波診断装置「CX50 xMATRIX(シーエックス50・エックスマトリックス)」の販売を開始することを発表しました。

 

 「CX50 xMATRIX」は、据え置き型専用装置でのみ可能であったリアルタイム3次元経食道エコー(以下Live 3D TEE)*2を、世界で初めてハンドキャリーが可能なポータブルエコーに搭載したプレミアムポータブル超音波診断装置です。持ち運びが簡単で場所も取らないため、従来は使用が困難であった狭い手術室やカテーテル室などでもご使用いただけます。また、プレミアムクラス超音波診断装置に搭載されているものと同じ、各種PureWaveクリスタル(単結晶)トランスジューサを使用でき、高画質な画像を描出することが可能です。

 

*1 海外フィリップス調べ。
*2 経食道エコーとは、食道にエコーの管を入れ、心臓の裏側である食道から心臓の状態を観察する検査です。経食道エコーで心臓を描出すると、体表からエコー検査する場合に妨げとなる肺、骨、筋肉、脂肪などが無いため、心臓の構造を高画質で詳細に描出することが可能になります。

 

 

市場状況と顧客ニーズ
近年、超音波診断装置市場では、あらゆる超音波アプリケーションに対応した汎用型機のニーズが急激に高まってきています。その中でも特に、プレミアムクラスと同等の高性能・高画質でありながら、コンパクトで可動性の高いポータブル製品が求められています。
これらの市場動向を受け、フィリップスはあらゆる超音波アプリケーションに対応し、様々な最新技術を搭載した、プレミアムポータブル超音波診断装置「CX50 xMATRIX」を発表します。ハンドキャリーが可能なポータブル超音波診断装置としては、世界で初めてLive 3D TEEを可能にしました。また、様々なネットワーク環境への対応、日本のユーザーの声を反映した高い操作性を実現しています。

 

超音波診断装置「CX50 xMATRIX」の主な特長

 

リアルタイム3次元経食道エコー機能(Live 3D TEE):高周波X7-2t PureWaveクリスタル(単結晶)トランスジューサ 
2007年、フィリップスは世界初のLive 3D TEEトランスジューサを発表しました。それから5年が経ち、据え置き型専用装置でのみ可能であったLive 3D TEE機能を、世界に先駆けて、ポータブル型超音波診断装置に搭載しました。これにより、従来は使用が困難であった、狭い手術室や持ち運びが必要な場所でも使用していただくことが可能になります。また、操作性、機能がさらに改善されたことで、容易に高画質な3D画像を得られます。院内のあらゆる場所でご使用いただけるよう、可動性に優れたコンパクトなボディに、完全折りたたみ可能な高感度LCDディスプレイを備え、バッテリー内蔵で起動時間を気にせずに検査ができる仕様になっています。

 

PureWaveクリスタル(単結晶)トランスジューサ 
PureWaveクリスタル(単結晶)は、従来のPZT系多結晶セラミックスに比べ、約10倍の歪(ひずみ)を発生することが可能です。これにより、高感度に効率よく超音波信号を電気信号に変換することができ、S/N比、ダイナミックレンジの広い高画質な画像を描出することが可能になります。
「CX50 xMATRIX」には、プレミアムクラス超音波診断装置に搭載されているものと同じ、各種PureWaveクリスタル(単結晶)トランスジューサをご使用いただけます。また、全てのトランスジューサは、広い周波数帯域を有するブロードバンド方式であり、患者様の体格や診断部位に応じて最適な周波数選択が可能です。検査データに一貫性を持たせるため、アプリケーション別のプリセットは、目的の検査部位に応じて細かく設定しており、選択するだけで殆どの条件が最適化され再現されます。コントロールパネルにおける煩雑な画像調整を、自動的にサンプルデジタルデータに置き換え、リアルタイムに画像最適化する「AutoSCAN機能」も備えています。

 

定量解析ソフトウェア:QLAB9.0
超音波診断装置本体に取り込んだエコー画像を、定量評価するための様々な解析ソフトウェア:QLAB 9.0(キューラボ9.0)が搭載可能です。近年、心不全の治療として、心臓のポンプ機能を正常なリズムに戻す「心臓再同期療法」が頻繁に行われるようになってきておりますが、その治療前後での局所心筋壁運動評価が可能です。解析結果はブルズアイマップに展開でき、診療科をまたいだコミュニケーションツールとしてもお使いいただけます。


「CX50 xMATRIX」の希望販売価格は、5500万円で(税込、仕様により異なります)、国内初年度の販売目標台数は約100台を見込んでいます。

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグは、「リアルタイム3次元経食道エコー機能を搭載した世界初のプレミアムポータブル超音波診断装置『CX50 xMATRIX』をポートフォリオに加えることによって、フィリップスは、お客様の更なるニーズを満たすことが可能となります。フィリップスは今後とも、お客様のご要望に耳を傾け、より良い製品を市場に投入していきたいと思います」と述べています。

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。
2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2011年の売上は226億ユーロ、世界100ヵ国以上に約122,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメント、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4551

.

製品に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL: 0120-556-494

.