フィリップス、PETとMRIの融合で画像診断の新世界を切り拓く、初のPET/MR装置「Ingenuity TF PET/MR」を発売

4月 13, 2012

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日より、PET(陽電子放射断層撮影)装置とMRI(磁気共鳴画像診断)装置を融合させたPET/MR装置「Ingenuity TF PET/MR」(インジェニュイティー・ティーエフ・ペット/エムアール)の販売を開始することを発表しました。本装置はグローバルで開発した、フィリップス初のPET/MR装置となります。

 

 この「Ingenuity TF PET/MR」は、PET装置とMRI装置双方の最高水準の性能と画質を損なうことなく融合させた、新しいハイブリッドシステムです。PET部分はAstonish TF Time-of-Flight technology*1を搭載し、高速スキャン、ポジトロン核種投与量低減/低被ばく、高画質を実現し、MRI部分は、フィリップス独自のMultiTransmit*2技術で3.0T高磁場の不均一さを向上させた高性能MRI装置「Achieva 3.0T TX」(アチーバ・3テスラ・ティーエックス)をベースとしています。これらフィリップス独自の最高水準の技術を搭載したPET、MRI両装置を融合させた「Ingenuity TF PET/MR」は、いかなる患者様でも安定した高画質の全身画像を提供することができます。
 また、これまでにPET/CT装置、MRI装置の開発で培ってきた最高水準の性能を、損なうことなく「Ingenuity TF PET/MR」に融合させるため、フィリップスは高磁場下PET装置の新たなシールド技術を開発し、一体型システムとしての操作性、検査のワークフロー、ユーザーインターフェイスを完成させました。

 

 「Ingenuity TF PET/MR」は、すでに欧米で全身を対象にNeurology(脳神経)、Cardiology(心臓)、Oncology(腫瘍)分野での臨床を開始しております。また、従来のPET/CTに比べ低被ばくを実現しながら、MRIによる形態画像と機能画像が可能な新しい分子イメージングシステムとして、より高い診断能を引き出す研究も行われています。

 

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグは、   「フィリップスとして初となるPET/MR装置を製品ラインナップに加えることができたことを大変嬉しく思っています。今回発売した『Ingenuity TF PET/MR』は、妥協のない機能画像と機能画像が融合された、画像診断の新世界を切り拓く新しいハイブリッドシステムです。フィリップスは今後も、革新的なシステムを提案していきたいと思います」と述べています。

 

*1 Astonish TF Time-of-Flight technology:フィリップス独自のTime-of-Flight technologyで、535ピコ秒の時間分解能を有す 
*2 MultiTransmit: プリスキャンでRF分布を確認し、独立に制御された複数RF送信源から被検者ごとに最適化されたRFパルスを送信するフィリップスの独自技術

 


 

「Ingenuity TF PET/MR」の特長・メリット

  • 535 ピコ秒の時間分解能のAstonish TF Time-of-Flight (ToF) technologyが、non-ToF Technologyに比べ30%のコントラスト向上を実現し、ポジトロン核種投与量低減/低被ばく、高速スキャン、高画質を実現。
  • 実績のあるフィリップス独自のMultiTransmit技術を搭載した「Achieva 3.0T TX」をベースとするMRIにより、いかなる患者でもあらゆる部位で最大50cmのFOVに対し安定した高画質を提供。また、豊富な受信コイルが使用可能で、16チャンネルを標準、32チャンネルをオプション対応としている。
  • MRI形態画像を使用することでPET/CT装置のようなCTによる被ばくがなく、190cmのスキャンレンジを優れた操作性とワークフローで短時間に検査可能。

 

  

 

 

  

 

 

  

 

 

  

 

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。
現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,700名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX: PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、お客様の視点に立ったテクノロジーとデザインを融合させたソリューションを提供します。世界100ヶ国以上に約122,000人の従業員を擁し、2011年の売上は226億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

その他、お問い合わせ

本件に関するお問い合わせ
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

 

製品に関するお問い合わせ
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL: 0120-556-494

 

その他、企業に関するお問い合わせ
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

.