フィリップス、高画質と低被ばくを両立する新型血管造影X線診断装置「AlluraClarity」(アルーラ・クラリティ)ファミリーを発売

4月 13, 2012

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日より、新型血管造影X線診断装置「AlluraClarity」ファミリーの販売を開始することを発表しました。

 

 この「AlluraClarity」ファミリーは、医療現場で最も強く要求される、画質の向上と被ばくの低減の両立を実現し、例えば従来品と比較した場合、ほぼ同じ画質を維持して被ばく量を73%低減することができます*1

 

 近年、X線装置を使用した血管内治療は、より複雑・高度化し、治療に要する時間も長時間化しています。このような高度な治療に際して正確な診断を行うためには、以前にも増して高画質が求められます。一方で長時間の検査・治療や高画質への要求は、患者および医療スタッフへの被ばくの増加にもつながっており、被ばくの低減も大きな課題となっています。この相反する問題の解決に大きく貢献するのが、今回登場した新世代のX線装置「AlluraClarity」ファミリーです。

 

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグは、「『AlluraClarity』ファミリーは、フィリップスの長年にわたるデジタル技術の蓄積と臨床分野での経験をもとに開発された新時代の装置です。フィリップスは、『AlluraClarity』ファミリーを血管造影X線診断装置のラインアップに加えることにより、インターベンションにおけるイメージングの基準を大きく変えます」と述べています。

 

*1 自社調べ

 

「AlluraClarity」ファミリーのラインアップ

 

  • 循環器用シングルプレーンシステム FD10
  • 循環器用バイプレーンシステム FD10/10
  • 頭腹部・全身用シングルプレーンシステム FD20
  • 頭腹部・全身用バイプレーンシステム FD20/10、20/20

 

「AlluraClarity」ファミリーのメリット

  • 高画質と低被ばくを両立
  • X線量を低減し患者の安全性を向上
  • 散乱線による被ばくを低減、医療スタッフの安全性を向上
  • より長時間で複雑な手技を行うことが可能。小児や高齢者、肥満患者にも、治療の可能が広がる

 

「AlluraClarity」ファミリーの技術的特長

  • 優れた画像処理技術により、リアルタイム作動が可能。動きのある部位でもノイズやアーチファクトを低減
  • 自由度の高いデジタル画像処理技術をX線管からモニタまで適用。心臓領域、脳神経外科領域といったそれぞれのアプリケーションに最適化された画像処理がされ、インターベンションにおいて被ばくを抑えつつ高画質を実現。設定数は事実上無制限
  • マーケットリーダーであるフィリップスの長年にわたる臨床経験を基に、システムの500以上のパラメータをアプリケーションごとに調整。大容量X線管のMRC tubeも、被ばくの低減に貢献

 

 

   

 

   

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。
現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,700名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX: PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、お客様の視点に立ったテクノロジーとデザインを融合させたソリューションを提供します。世界100ヶ国以上に約122,000人の従業員を擁し、2011年の売上は226億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

その他、お問い合わせ

本件に関するお問い合わせ
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

 

製品に関するお問い合わせ
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL: 0120-556-494

 

その他、企業に関するお問い合わせ
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

.