フィリップス、循環器科統合型PACS「Xcelera」とシームレスな構成が可能なマルチベンダー対応の心エコー定量評価ソフトウエア「TomTec Image Arena」を発売

2月 1, 2012

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日より、フィリップス社製 循環器科統合型PACS「Xcelera(エクセレラ)」のシステムとシームレスな構成が可能な、心臓超音波検査(以下 心エコー)の定量評価ソフトウエア「TomTec Image Arena(トムテック・イメージ・アリーナ)」*1の販売を開始することを発表しました。

 

 TomTec Imaging Systems GmbH(本社:ドイツ、ミュンヘン、以下 TomTec社)が開発した「TomTec Image Arena」は、各社の超音波装置の心エコー画像データから2D、3D、および4Dの定量評価を可能にし、特に、フィリップス社製の循環器用超音波装置「iE33 xMATRIX(アイ・イー 33 エックスマトリックス)」のマトリックスTEEトランスジューサから得られた優れた3D画像データからは、唯一 僧帽弁の4D定量評価が可能となっています。

 

 この「TomTec Image Arena」を採用することにより、従来のような各社専用の定量評価ソフトウエアを搭載した超音波装置専用画像保存システムが不要となり、真のマルチベンダー循環器科超音波画像PACSが構築できます。他システムの定量評価結果もDICOM SR*2での受信が可能です。その結果、検査時間の短縮とマルチベンダーの検査画像の定量評価が可能になり、診断能の向上と効率化が期待できるだけでなく、システムコストの削減を図ることができます。

 

 さらに、「Xcelera」は循環器科統合型PACSのため、オプションの選択とコンビネーションによっては、超音波画像の管理に限らず、カテーテル検査、CT、MRI、核医学検査などから得られる画像との比較参照も可能となります。また院内画像配信など循環器科内におけるマルチベンダー、マルチモダリティに対応した総合画像診断のシステム構築が期待できます。

 

 「TomTec Image Arena」の国内初年度の販売目標は、既設「Xcelera」からのバージョンアップを中心に10施設、約1億円の売上を見込んでいます。

 

*1 「TomTec Image Arena」はオプション設定です。
*2 DICOM SR(Digital Imaging and Communications in Medicine Structured Report):医用におけるデジタル画像と通信における構造化レポーティング。DICOM構造化レポーティング。

 

 

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグは、「循環器科統合型PACS『Xcelera』に『TomTec Image Arena』を加えることにより、診断能力の向上と作業の効率化、コスト削減、そして真のマルチベンダー循環器科超音波画像PACSの構築が可能となります。フィリップスは今後も、お客様の満足度向上を目指し、さらなる製品開発、サービス向上に努めていきます」と述べています。


「TomTec Image Arena」の主な特長

  • 「Xcelera」に送信された画像データを自動的に「TomTec Image Arena」に保存
  • 「Xcelera」のモニター上でワンクリックするだけで「TomTec Image Arena」が起動
  • フィリップス社製 循環器用超音波装置「iE33 xMATRIX」とマトリックスTEEトランスジューサによる3D画像から僧帽弁4D機能評価
  • 各社循環器用超音波装置の画像データの4D定量評価
  • 各社循環器用超音波装置によるLV(左心室)、RV(右心室)などの4D、および2Dストレス機能評価
  • 各社循環器用超音波装置の2D、3D画像データの一元管理
  • 今後、各社より開発されるであろう画像データの4D僧帽弁機能評価に対応

 

「TomTec Image Arena」のメリット

  • 超音波装置のベンダー、機種にとらわれず、循環器超音波検査の計画が可能
  • 待ち時間の短縮、および検査予約管理の簡便化
  • QLAB*3や他社定量解析結果との組み合わせで最適な定量解析が可能
  • 定量評価アプリケーションと臨床運用の統合
  • ルーチン検査とアドバンス解析の統合運用が可能
  • より迅速かつ正確な超音波画像診断および定量評価が可能
  • 解析画像と数値のレポートへの取り込みが可能
  • 分かりやすいレポートを迅速に作成
  • Xceleraの同一画面上で他のモダリティ画像との比較・参照が可能
  • 循環器科統合PACSの構築
  • システム構築のコスト削減

 


*3 QLAB:フィリップス社製の超音波診断装置の画像データを様々な解析手法により定量評価を行う統合ソフトウエア。

 

 

 

 

 

TomTec Imaging Systems GmbH (TomTec社)について
TomTec社は、超音波装置における2D、3D、および4Dソリューションの世界的リーダーであり、医用画像診断ソフトウエアソリューション分野での世界的リーダーを目指しています。
TomTec社の詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.tomtec.de/home

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。
現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,700名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX: PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、お客様の視点に立ったテクノロジーとデザインを融合させたソリューションを提供します。世界100ヶ国以上に約122,000人の従業員を擁し、2011年の売上は226億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

その他、お問合せ

本件に関するお問い合わせ
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

 

製品に関するお問い合わせ
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL: 0120-556-494

 

その他、企業に関するお問い合わせ
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

.