フィリップス、非医療従事者向けAED(自動体外式除細動器)「ハートスタートFR3(エフアール・スリー)」の販売を開始


新テクノロジーにより、救命をより迅速、簡単、最適に

6月 16, 2011

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は6月16日より、突然の心停止(SCA)に対処する、非医療従事者(PAD)向けAED(自動体外式除細動器、以下AED)、「ハートスタートFR3」の販売を開始することを発表しました。「ハートスタートFR3」は、ご好評をいただいています「ハートスタートFR2+(エフアール・ツー・プラス)」のほとんどの機能を受け継ぎ改善し、また新たな機能を追加して、フィリップスの技術を結集した非医療従事者向けAEDです。

 

 本日発売を開始する「ハートスタートFR3」は、6月1日より販売している「ハートスタートFR3 Pro」のADVANCEDモードが使用できない機種で、その他の機能は「ハートスタートFR3 Pro」とすべて同じ仕様となっています*1。

 

 突然の心停止(SCA)の多くは、心室細動という不整脈が原因とされ、心室細動に対する唯一の有効な治療法が除細動です。心肺蘇生法(CPR)により延命効果が期待できますが、それだけでは心臓を正常な状態に戻すことはできません。倒れてから10分以内に除細動を行わないと、突然の心停止(SCA)に陥った人を蘇生させることが非常に困難となってしまいます。

 

 「ハートスタートFR3」は、機能や使い勝手を向上することにより、救助者が傷病者に除細動の処置を開始するまでにかかる時間を大幅に短縮しています。たとえば、キャリングケースを開けるだけで自動的に電源が入り、また除細動パッド(SMARTパッドⅢ)があらかじめ本体に接続されており袋に入っていないので*2、速やかに救命処置に入ることが可能となっています。

 

 「ハートスタートFR3」は、救助者が突然の心停止(SCA)に対処できるよう、様々な機能を備えています。鮮明で高解像度のカラー液晶(LCD)ディスプレイにより、騒音が大きい場所でも電気ショックのタイミングが判断できます。継続的な胸骨圧迫のリズムを指示するCPRメトロノームもついています。バイリンガル機能により第二言語の設定も可能です*3。またフィリップス社製除細動パッドには互換性があり、「SMARTパッドⅢ」は「ハートスタートFR2+」および「ハートスタートFRx(エフアールエックス)」のパッドとしても使用でき、「ハートスタートMRx(エムアールエックス)」などの手動式除細動器へも、傷病者からパッドを剥がすことなくコネクタを差し替えるだけですばやく簡単に引き継ぎが行えます。

 「ハートスタートFR3」は、8歳未満または体重25kg未満の小児にも対応可能です。「SMARTパッドⅢ」は、成人・小児共通で使用でき、除細動パッドを交換する必要がありません。小児用キーを 「ハートスタートFR3」に挿入すると自動的に除細動の出力エネルギーが低減され、小児の処置に適した動作に切り替わります。

 

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグは、「2004年の法改正で、医療従事者だけでなく一般市民にもAEDの使用が認められてから、公共施設、職場、学校等で、AEDが急速に普及してきました。このたび、フィリップス社製AEDのラインナップに一般の方々も使用できる『ハートスタートFR3』を加えることにより、フィリップスは、更なるAEDの普及ならびに啓発に努めていきたいと思います」と述べています。
 
*1 本邦では医療従事者向け機器と、非医療従事者(PAD)向け機器とで、異なる名称をするよう規制当局から指導されているため、「ハートスタートFR3 Pro」と「ハートスタートFR3」 を区別しています。

*2 あらかじめ除細動パッドが本体に接続されているのは、「SMARTパッドⅢ」使用時のみで、他のフィリップス社製除細動パッドを使用する場合は、パッドを袋などから取りだし本体に接続する必要があります。

*3 バイリンガル機能はオプションです。

 

※  「ハートスタートFR3」は、米国では未承認です。
※  「ハートスタートFR3」は、「ADVANCEDモード」(セミオートモード・マニュアルモード)の使用はできません。

   

 

 

 

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。
現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,700名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX: PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、お客様の視点に立ったテクノロジーとデザインを融合させたソリューションを提供します。世界100ヶ国以上に約117,000人の従業員を擁し、2010年の売上は223億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

お問い合わせ:

本件に関するお問い合わせ:

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL 03-3740-4561

 

製品に関するお問い合わせ:
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 AEDコールセンター TEL 0120-802-337

 

その他、企業に関するお問い合わせ:
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL 03-3740-4561

.