フィリップス、診療科別の用途に合致した、他社PACSにも接続可能な新しいコンセプトのワークステーション「IDS7 SWS*」(アイディーエスセブン・エス・ダブリュ・エス)の販売を開始

4月 7, 2011

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は4月より、新しいコンセプトによる診療科ごとの用途に応じた新開発Sectra Imtec AB(以下 セクトラ社)製ワークステーション「IDS7 SWS」の販売を開始しました。

 

 「IDS7 SWS」は、セクトラ社が日本を始め世界中の顧客の要望を取り入れ開発したオプションをそれぞれ独立したワークステーション型に設計し、PACSのサーバ機能を付加した、従来にない新しいコンセプトのワークステーションです。「IDS7 SWS」はDICOM接続が可能なため、フィリップスが販売しているセクトラ社製「IDS7 PACS」以外の他社製PACSを導入されている施設でも、優れたオプションを選択することで、画像診断だけでなく、他の診療科専用の解析や計測が独立したワークステーションとしてお使いいただけます。オプションとして、整形外科向けインプラントシミュレーション、専用キーパッドとともにマンモグラフィー集団検診向け、カテーテル検査の解析の選択が可能です。

 

 「IDS7 SWS」の希望販売価格は、1ワークステーション500万円からで(税込、仕様により異なります)、2011年度の国内販売台数は約50台を見込んでいます。

 

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグは、「セクトラ社との協業により、日本のお客様のニーズに応える新しいワークステーションを販売できることを大変うれしく思っています。フィリップスは今後とも、お客様の満足度向上を目指し、さらなる製品開発、サービス向上に努めて参りたいと思います」と述べています。

 

* SWSはSingle Workstationの略です

 

「IDS7 SWS」の導入メリット

  • 各診療科のフィルムによる計測を、デジタル化することによって、真のフィルムレス化が実現
  • マルチモダリティ接続、マルチモダリティビュアとして使用可能
  • 3rd Partyのクリニカル・アプリケーションとのプラグイン機能が豊富

 

「IDS7 SWS」の主な特徴

  • マルチモダリティ、単体モダリティの短期バックアップ用PACSとして使用可能
  • オプションを選択することで各診療科や読影部門のワークステーションとして使用可能
  • Standalone型にもかかわらず、マルチモダリティビュアとして使用可能
  • 既設他社PACSとDICOMによる接続が可能
  • 整形外科パッケージの選択による、マルチ対応インプラントシミュレーション計測
  • マンモグラフィー専用キーパッドと組み合わせて乳腺専用ビュアとして使用可能
  • 循環器部門のカテーテル検査の動画管理や解析
  • 新開発画像診断レポーティングシステム「iReport」と連携

 

       

 

          

 

Sectra Imtec ABについて
セクトラ社は1978年スウェーデンのリンショーピング大学を母体として設立された、PACS、デジタルマンモグラフィー、整形外科ソリューションの先駆的グローバル・プロバイダーです。現在日本を含め、世界12ヶ国の拠点をベースにビジネスを展開しております。
セクトラ社のビジネス・コンセプトは医療の品質と業務フローの飛躍的な向上を提供することです。世界のトップサイエンティストや医療機関との協力関係により、過去20年間にわたり絶え間ないイノベーションを生み出し、お客様のご要望を医療画像ソリューションによって実現してきました。
セクトラ社製PACSは巨大データセットの超高速表示、ネットワーク容量に左右されない優れたパーフォーマンスが特長です。整形外科、心臓、乳房画像、3D、MPR/MIP機能を備えたマルチスライス可視化ツール等、FDA認証の統合クリニカル・アプリケーションを幅広く表示します。(http://www.sectra.com/medical/regional/jp/)

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。
現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,600名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX: PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、お客様の視点に立ったテクノロジーとデザインを融合させたソリューションを提供します。世界60ヶ国以上に119,000人の従業員を擁し、2010年の売上は254億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、薄型テレビ、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

お問い合わせ:

本件に関するお問い合わせ:
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL 03-3740-4561

 

製品に関するお問い合わせ:
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL 0120-556-494

 

その他、企業に関するお問い合わせ:
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL 03-3740-4561

.