フィリップス、MRI装置(磁気共鳴画像診断装置)国内1,000台納入達成

11月 24, 2010

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ)は、日本国内におけるフィリップス社製MRI装置の納入台数が累積で1,000台に到達したことを発表しました。

 

 フィリップスは、1986年9月に国内納入第1号のGyroscan S5を名古屋市立大学病院に納入しました。それから25年目の今年10月30日に、Achieva 3.0T TX(アチーバ3.0テスラ ティーエックス)が砂川市立病院(北海道砂川市)で稼働開始し、フィリップス社製MRI装置国内納入1,000台を達成しました。11月18日には、 1,000台目納入を記念して、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグ出席のもと、砂川市立病院にて記念式典を行いました。式典に出席された砂川市立病院 院長 小熊 豊 先生は、「記念すべき国内1,000台目のMRI装置を当院に納入いただきましたこと、大変、光栄に思っています。当院も新本館が10月28日に開院し、新しいスタートを切ったところです。フィリップス社のAchieva 3.0T TXをはじめとした最新の医療機器を十分に活用して、万全の態勢で地域の皆さまに高度な医療を提供していきたいと考えています」と述べていました。

   

 

 フィリップスは、日本国内にMRI装置を納入し始めて25年目を迎えましたが、15年以上、フィリップス社製MRI装置をお使いいただいているお客様が55施設*1あります。フィリップスのMRI装置が国内で黎明期の時より今に渡り永年ご支援いただいているこれらのお客様に支えられ、当社は国内で1,000台納入を達成することができました。この感謝の意を表して、当社はフィリップスのMRI装置を15年以上ご使用いただいているお客様に、記念のトロフィー、フィリップスヘルスケア グローバルMR事業部 最高責任者 コンラッド・スミッツからの感謝状、ならびに記念品を進呈します。

 

 1986年に名古屋市立大学病院にフィリップス社製MRI装置の国内1台目の納入、および13台目の神戸大学医学部附属病院への納入にご尽力いただいた神戸大学名誉教授 河野 通雄先生は、国内第1号機のGyroscan S5について、次のように述べています。「当時、教授を務めておりました名古屋市立大学でフィリップス社製が選定されました。その後、フィリップスの担当者、技術者とは何度もミーティングを重ね、我々の要望(ハード、ソフト面)に対して非常に熱心な対応をして下さったことを思い出します。様々な課題をクリアしていくことは、お互いに苦労ではありましたが、大変やり甲斐もありました。実際に稼働が始まり、第一例目が直腸がん症例で、その画像が鮮明に描出された時には大変感動した事を覚えています」。

 

    

 

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグは、「日本でフィリップス社製MRI装置を納入し始めてから25年目にして1,000台を成し遂げることができたことを大変うれしく思っています。フィリップスはこれからもhealth and well-beingのリーディングカンパニーとして、人々が健やかで満ち足りた暮らしを送ることができるよう、積極的にサポートしていくと共に、最新の技術をもつ製品を提供していきたいと思います」と述べています。

 

*1 1986年から1995年までに103台のフィリップス社製MRIを96施設に納入し、そのうち55施設が、15年以上継続してフィリップス社製MRIを使用しています。
 
MRI装置(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像診断装置)について
MRIとは人体内の水素原子核(プロトン)の磁気的な(NMR)現象をコントラストとしてその断層像を非侵襲に得ることができる医用機器です。MRIはNMR(Nuclear Magnetic Resonance:核磁気共鳴)現象を引き起こすために撮影領域内で非常に均一で安定した磁場(静磁場(せいじば))と撮影領域内を画像化するために空間座標(X,Y,Z)方向各々にわずかに磁場の大きさが非常に線形に変化している三方向の傾斜磁場、NMR現象を引き起こすための電波を照射し、人体内のNMR現象を検知するためのRFコイルと傾斜磁場、RFコイルを制御し、検出した信号を処理し画像を再構成する計算機より成り立っています。つまりX線を使わずに人体の断層像を描出できるのです。国内では1980年代初頭に静磁場が0.15T(テスラ)(= 1,500ガウス)の常電導磁石(電磁石)を用いた人体への臨床機が完成し、現在はその十倍の静磁場の1.5T(テスラ)の超電導磁石を用いたMRIが普及し、3.0T(テスラ)の機器の導入が大学病院はじめ、中核病院に始まっています。

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,600名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX: PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、人を中心に技術とデザインを統合します。世界60ヶ国以上に118,000人の従業員を擁し、2009年の売上は230億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、薄型テレビ、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

お問い合わせ:

本件に関するお問い合わせ:
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL 03-3740-4551

 

製品に関するお問い合わせ:
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ヘルスケア事業部 お客様窓口 TEL 0120-556-494
(http://www.healthcare.philips.com/jp/)

 

その他、企業に関するお問い合わせ:
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL 03-3740-4551

.