フィリップス、大ヒット家電「ノンフライヤープラス」に新色が登場キッチンを明るく彩るビビットな"レッド"を採用1度の調理量が2倍になるダブルレイヤーも標準セットに10月下旬より、全国の家電量販店、通信販売等で順次販売開始

10月 8, 2015

株式会社フィリップス エレクトロニクスジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、2015年10月下旬より、油を使わずに揚げ物を作れる「フィリップス ノンフライヤー」(以下、「ノンフライヤー」)の新モデルとして、新たに“レッド”を採用し、調理量が2倍になるダブルレイヤーを付属した「フィリップス ノンフライヤープラス ダブルレイヤーセット」を、日本輸入代理店の小泉成器株式会社(本社:大阪市中央区、社長:田中裕二)を通じて、全国の家電量販店、通信販売等で順次販売します。

 

「ノンフライヤー」は、2010年より欧州で販売され、累計400万台を販売している油を使わない揚げ物調理器です*。日本では2013年4月末に発売して以来、非常に大きな反響をいただき、2015年2月末までに累計45万台以上を出荷しています*

 

今回発売する「フィリップスノンフライヤープラス ダブルレイヤーセット」は、「一度にもう少し多く調理をしたい。」というお客様の声に応え、調理量を2倍にできるダブルレイヤーを標準セットにした新モデルです。ビビットな“レッド”を採用した新デザインも用意し、キッチンを明るく彩ります。30代~60代の女性に対して行った事前調査でも*2、「かわいい」「おしゃれ」といったように非常に高い評価を得ており、今回満を持して市場に投入します。従来のブラックに加えることで、キッチンに合わせたカラーを選択できるようになりました。

 

フィリップスは、「日本のキッチンを楽しく」をモットーに、より多くの方にご利用いただけるようリニューアルしたノンフライヤープラスを投入し、日本の消費者の健康的な食生活をサポートします。

 

ノンフライヤー製品サイト
http:// www.philips.co.jp/c-p/HD9531_62 
http:// www.philips.co.jp/c-p/HD9531_22

 

*1 2010年3月~2015年2月までの累計販売台数。フィリップス社調べ(2015年3月)
*2 フィリップス社調べ(2015年2月)

 

 

 

 

調理量を2倍にするダブルレイヤーを標準セット

ノンフライヤー専用のダブルレイヤーを使うと、食材を2段に重ねて調理できるので2倍の容量を調理できます。とんかつなら1度に4枚調理可能です。

キッチンを彩る新デザイン“レッド”

キッチンを明るく彩るビビットな“レッド”が印象的な新デザインをラインナップに追加しました。30代~60代の女性に対して行った事前調査でも*、「かわいい」「おしゃれ」といった非常に高い評価を得ています。

日本仕様に開発したクッキングネット

バスケット底面網部分のクッキングネットは、六角形のメッシュ構造を採用し、焦げ付きにくいノンスティック加工を施しています。取り外し可能で食洗機にも対応しているため、使用後のお手入れも簡単です。

調理の幅を広げるバスケットカバー付属

バスケット上部に取付け可能なバスケットカバーを付属。ポップコーンやドライフルーツなどの軽い食材も、飛び跳ねを心配することなく調理できます。また、食材の油はねによる汚れを防止するほか、調理中の煙なども抑えられます。

独自の発想により実現した美味しさ

ノンフライヤー調理の特長である高速空気循環技術とエアーサーキュレーション技術で、素材の旨みを閉じ込めサクサクの食感を実現します。脂肪分を最大80%カットし*2、ヘルシーに仕上げます。

 

 

丸洗いできてお手入れ簡単

バスケット、クッキングネット、バスケットパンはそれぞれ分解して洗えます。更に食器洗い機でも洗うことができ、面倒な揚げ物調理の後始末などを簡単に行えます。※ダブルレイヤーは食洗機非対応。

 

 

*1 フィリップス社調べ(2015年2月) *2 標準的な電気フライヤーでフライドポテトを調理した場合との比較

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル分野の製品を扱っています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。2015年には、カテーテルおよびワイヤーを使用した血管内イメージングおよび生理学的評価を行う装置を取り扱うボルケーノ・ジャパン株式会社を傘下に入れました。日本におけるフィリップスは3社合わせて約2,100名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2014年の売上は214億ユーロ、世界100ヵ国以上に約108,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

報道関係及び企業に関するお問い合わせ

フィリップス エレクトロニクス ジャパン 家電PR事務局

担当: 飯嶋/伊郷/江島

TEL: 03-4531-0216 FAX: 03-3230-6690 E-mail: philips@ozma.co.jp

.

ご掲載の際の読者お問い合わせ

フィリップスサポートセンター TEL: 0120-944-859

.