フィリップス、忙しい朝にスピーディーにシェービングできる新モデルを発表ターボモード搭載*¹の早剃りシェーバー「5000シリーズ」カミソリより10倍やさしいシェービングを実態*²9月上旬より、全国の家電量販店、通信販売等で順次販売開始

8月 25, 2015

株式会社フィリップスエレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、2015年9月上旬より、ターボモードを搭載して早剃りできる電気シェーバー「5000シリーズ」を、日本輸入代理店の小泉成器株式会社(本社:大阪市中央区、社長:田中裕二)を通じて、全国の家電量販店、通信販売等で順次販売します。

フィリップスの回転式シェーバーは、深剃りに欠かせない肌との密着度を高めるため、顔の輪郭にフィットする柔軟な3つのシェービングヘッド*4を採用し、ワンストロークで剃り残しゼロに近づけます。ストローク回数を減らすことで、シェービング時間の短縮や、肌への負担の軽減を実現します。

日本人男性の7割以上がシェービングにおいて素早く剃れることが重要だとフィリップスの調査*3でわかりました。今回、早剃りシェーバー「5000シリーズ」をラインナップに追加することで、素早くシェービングを行いたい男性のニーズに応えていきます。また本製品は、皮膚科学の第三者調査機関で試験を行い、カミソリでのシェービングと比較して10倍肌にやさしいことが実証されています。

「5000シリーズ」は、内刃の回転数を10%アップ*5して早剃りできる“ターボモード”を搭載し、素早く深剃りすることができます。忙しい朝のシェービング時やヒゲの濃い箇所のシェービングの際に最適な機能です。さらに5方向に自在に動き、顔の輪郭に密着する“5方向フレックスヘッド”により、しっかりと深剃りします。またあらゆる長さのヒゲを捉える外刃と、寝たヒゲを起こす特殊構造を組み合わせた“マルチプレシジョン刃” *6が、少ないストロークでの素早いカットを実現します。

フィリップスは、「シェービングにかける時間を短縮したい」という男性の声に応える製品をラインナップに追加し、あらゆるニーズに最適なシェービング機会を提供していきます。

*1 S5390/26、S5390/12に搭載  *2 皮膚科学の第三者機関でテストを実施。シェーバー使用開始後21日後時点で調査。(2015年)

*3 18歳~39歳の男性10,000人を対象にインターネット調査を実施。フィリップス社調べ(2015年5月) *4 一部製品を除く

*5 通常使用時と比較  *6 S5075/06は除く

カミソリの10倍やさしいシェービング*1

皮膚科学の第三者調査機関で試験を行い、カミソリでのシェービングと比較して10倍肌にやさしいことが実証されています。

ヒゲの濃い箇所も10%パワーアップ*2して早剃りする“ターボモード”*3

ターボモードに切り替えると、内刃の回転が1分間あたり200回転アップします。これにより、忙しい朝も素早く深剃りすることができます。

顔の起伏に密着して素早く早剃り「5方向フレックスヘッド」

5方向に自在に動くシェービングヘッドが顔の輪郭に隙間なく密着し、しっかりと深剃りします。

寝たヒゲもすくい上げて素早くカットする“マルチプレシジョン刃”*4

長いヒゲを捉えやすいスリット形状と短いヒゲを捉えやすいホール形状を組み合わせた外刃に加え、寝たヒゲをすくい上げる特殊な構造を外刃の外側のリングに採用しました。

防水加工でお風呂シェービングが可能

IPX7基準をクリアした防水性能により、お風呂でのシェービングが可能です。

ヒゲを引き上げやさしく深剃り「スーパーリフト&カット」*4

1枚目の刃がヒゲを根元から引き上げ、2枚目の刃がカットします。内刃が直接肌に触れにくいので、肌を傷めずに深剃りできます。

刃のシャープさを保つ「自動研磨システム」

フィリップスシェーバーの内刃は、外刃に対して一定の鋭角を保ちながら接しており、回転するたびに内刃が磨かれるように設計されています。国内の第三者機関による刃の摩耗テストにおいて、オイルを差さずに使い続けても、刃のシャープさが落ちないシェーバーであることが証明されました*5

替刃交換は2年に1回だけ*6

2年経過すると本体のマークが点滅してお知らせをします。性能を維持するために、シェービングヘッドは2年ごとの交換を推奨しています。

ダブルフィルター構造の洗浄充電器「スマートクリーンシステム」*7

本体をセットし、ボタンを押すだけで、充電、洗浄、潤滑化が全自動で可能です。カートリッジ内部の2 層フィルターにより、ヒゲだけではなく、ジェルや泡フォームをはじめとした汚れも取り除きます。また、洗浄液は肌にやさしいアルコールフリーです。

フィリップス シェーバー製品サイト

http://www.japan.philips.co.jp/shaver/series_2015/

*1 皮膚科学の第三者機関でテストを実施。シェーバー使用開始後21日後時点で調査。(2015年) *2 通常使用時と比較

*3 S5390/26、S5390/12に搭載 *4 S5075/06は除く

*5 36.5時間(2年間の使用を想定)の駆動後、シェーバーの刃の摩耗度を測定。株式会社クオルテック調べ(2010年)

*6使用状況により異なります *7 洗浄充電器は「S5390/12」のみ付属

型番

S5390/26

S5390/12

小売希望価格

オープン価格

オープン価格

本体色

ブラック×レッド

ブラック×レッド

電源方式

充電式
100-240V 50/60Hz

充電式
100-240V 50/60Hz

消費電力
(充電時)

5W

5W

充電時間

1時間

1時間

使用時間
(満充電時)

約45分

約45分

充電池

リチウムイオン

リチウムイオン

水洗い

お風呂でも使用可能(防水仕様:IPX7基準をクリア)

お風呂でも使用可能(防水仕様:IPX7基準をクリア)

本体寸法
(W×D×H)

61×67×164mm

61×67×164mm

本体質量

173g

173g

本体材質

ABS樹脂

ABS樹脂

付属品

本体
充電アダプタ
トリマー
洗浄充電器(スマートクリーン)
クリーニングカートリッジ
収納ケース
取扱説明書

本体
充電アダプタ
トリマー
収納ケース
取扱説明書

型番

S5270/12

S5210/12

S5075/06

小売希望価格

オープン価格

オープン価格

オープン価格

本体色

ブラック

ブラック×ホワイト

ブラック

電源方式

充電式
100-240V 50/60Hz

充電式
100-240V 50/60Hz

充電式
100-240V 50/60Hz

消費電力
(充電時)

5W

5W

5W

充電時間

1時間

1時間

1時間

使用時間
(満充電時)

約40分

約40分

約40分

充電池

リチウムイオン

リチウムイオン

リチウムイオン

水洗い

お風呂でも使用可能(防水仕様:IPX7基準をクリア)

お風呂でも使用可能(防水仕様:IPX7基準をクリア)

お風呂でも使用可能(防水仕様:IPX7基準をクリア)

本体寸法
(W×D×H)

61×67×164mm

61×67×164mm

61×67×164mm

本体質量

173g

173g

173g

本体材質

ABS樹脂

ABS樹脂

ABS樹脂

付属品

本体
充電アダプタ
トリマー
収納ケース
取扱説明書

本体
充電アダプタ
トリマー
収納ケース
取扱説明書

本体
充電アダプタ
トリマー
保護キャップ
取扱説明書

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル分野の製品を扱っています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。2015年には、カテーテルおよびワイヤーを使用した血管内イメージングおよび生理学的評価を行う装置を取り扱うボルケーノ・ジャパン株式会社を傘下に入れました。日本におけるフィリップスは3社合わせて約2,100名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(https://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2014年の売上は214億ユーロ、世界100ヵ国以上に約108,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(https://www.philips.com/newscenter/

.

報道関係及び企業に関するお問い合わせ

フィリップス エレクトロニクス ジャパン 家電PR事務局

担当: 飯嶋/細川/江島

TEL: 03-4531-0216 FAX: 03-3230-6690 E-mail: philips@ozma.co.jp 

 

.

ご掲載の際の読者お問い合わせ

フィリップスお客様情報センター TEL: 0570-07-6666

.