フィリップス、進化したノンフライヤー 「フィリップス ノンフライヤープラス」を発売


新バスケットの採用と新機能追加で豊富なヘルシーメニューを実現! 9月上旬より、全国の家電量販店、通信販売等で順次販売開始

8月 19, 2014

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は2014年9月上旬より、油を使わずに揚げ物ができる製品として昨年発売し今年6月までに30万台以上*1を販売したノンフライヤーの新モデル、「フィリップス ノンフライヤープラス」(以下、「ノンフライヤープラス」) を日本輸入代理店の小泉成器株式会社(本社:大阪市中央区、社長:田中 裕二) を通じて、全国の家電量販店、通信販売等で順次販売します。フィリップスは、日本の消費者の声を反映し日本仕様に開発したノンフライヤープラスを、世界に先駆けて初めて市場に導入します。

 

<製品の主な特長>
昨年発売し大ヒットしたノンフライヤーですが、この度、日本の消費者の声を反映した日本仕様として開発し、以下の機能を拡充しました。

 

低温調理と長時間調理でヘルシーメニューの幅が広がる
温度設定はこれまで80度から200度までのダイヤル調整でしたが、新しいノンフライヤープラスは60度から200度まで5度刻みで調整が可能で、低温調理ができるようになりました。また、時間設定はこれまでの30分から60分まで延長され、低温と長時間調理との組み合わせで、しっとりとした鶏ハムなどバリエーション豊かなメニューを作ることが可能です。どちらもデジタルタッチパネルで簡単に設定できます。

 

ユーザーの声を反映した新バスケット
底面のクッキングネットは焦げ付きにくいノンスティック加工が施され、取り外し可能でお手入れもしやすくなりました。また、バスケット上部には取り外し可能なバスケットカバーが新たに付属され、ポップコーンやドライフルーツなどの軽い料理も熱風による飛び跳ねを心配することなく調理ができます。

 

 

・低温調理と長時間調理でヘルシーメニューの幅が広がる

<低温60度からの調理も可能に>
低温の60度から200度まで5度刻みの細かい温度設定が可能です。温泉卵や鶏ハムなどの低温調理ならでのメニューが作れるようになりました。

 

<60分までの長時間調理にも対応>
調理時間は、1分単位で60分まで設定することができます。また、設定時間は現行モデルの30分から60分までになり、ドライフルーツや焼き豚などの、じっくり時間をかけて調理するメニューにも対応します。

 

・日本の消費者の声を反映した新バスケット
「網に食材がくっつきやすい」「網の縁がお手入れしにくい」などの日本の消費者の声を反映し、ノンフライヤープラスでは、焦げ付きにくい加工を施したクッキングネットを新たに日本仕様に開発しました。さらに、バスケットカバーを付属したことにより、ヘルシーな朝食として注目されているグラノーラや、フレーバーポップコーン等も楽しめるようになり、調理の幅が広がります。

 

<新クッキングネット>
バスケット底面網部分のクッキングネットは、六角形のメッシュ構造を採用し、ノンスティック加工をすることで焦げ付きにくくなりました。揚げ物・焼き物などで出る余分な油を落とし、脂肪分を最大80%カット*2してヘルシーに仕上げます。取り外し可能で食洗機にも対応しているため、使用後のお手入れも簡単です。

 

<バスケットカバー>
バスケット上部に取付け可能なバスケットカバーを付属しました。ポップコーンやドライフルーツなどの軽い食材も、飛び跳ねを心配することなく調理できるようになりました。また、食材の油はねによる汚れを防止するほか、調理中の煙なども抑えられます。

 

※新バスケットは、9月中旬より別売のアクセサリーとしても発売します。現行モデルのノンフライヤーのバスケットと差し替えてお使いいただけます。

 

・デジタルタッチパネルでの簡単操作

  

操作方法は、現行モデルのノンフライヤーのダイヤル式からデジタルタッチパネルになりました。また、予熱をする場合、設定温度に達すると自動でストップします。

 

・独自の発想により実現した美味しさ

ノンフライヤー調理の特長である高速空気循環技術とエアーサーキュレーション技術で、素材の旨みを閉じ込めサクサクの食感を実現します。

 

 ・水洗い可能、食器洗い機対応

バスケット、クッキングネット、バスケットカバー、バスケットパンはそれぞれ分解して食器洗い機でも洗うことができ、面倒な揚げ物調理の後始末などを簡単に行えます。

 

・日本オリジナルレシピブックの同梱


ノンフライヤープラスには、料理研究家 市瀬悦子さん監修による日本オリジナルレシピブックを同梱しており、ノンフライヤープラスならではのヘルシーメニューも加えた、日本の食卓で人気の29品目を紹介しています。また、9月1日(月)より特設サイトでWEBオリジナルレシピも提供し、「ノンフライヤープラス」を使った手軽でバラエティ豊かな美味しい料理を楽しんで頂けます。


 「フィリップス ノンフライヤープラス」製品情報ページ
URL:http://www.japan.philips.co.jp/kitchen/HD9530_22

 

*1 2013年4月~2014年6月。フィリップス社調べ

*2 フィリップス海外製品 揚げ物調理器との比較

 

 

 

 

 

 

 

 

製品名

フィリップスノンフライヤープラス

型番

HD9530

本体色

電源

AC100V / 50/60Hz

消費電力

1425W

本体寸法 (W x D x H)

28.7 x 38.4 x 31.5cm

本体質量

5.7kg

電源コード長

約1m

本体材質

ABS樹脂

容量

2.2L / 800g

温度調節

60度~200度 (5度刻み)

時間設定

1分~60分 (1分刻み)

保証期間

お買い上げから2年間

 

付属品

バスケットカバー

取扱説明書

オリジナルレシピブック

 

 

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2013年の売上は233億ユーロ、世界100ヵ国以上に約113,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

製品/製品貸出/画像提供に関するお問い合わせ

フィリップス エレクトロニクス ジャパン コンシューマーライフスタイルPR事務局
担当: 伊郷/江島/細川/時田
TEL: 03-4531-0216 FAX: 03-3265-5267 E-mail: philips@ozma.co.jp

.

ご掲載の際の読者お問い合わせ

フィリップスサポートセンター TEL: 0120-944-859

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-5896

.