フィリップス、「ノンフライヤー」に続く新調理家電を発表 日本の食卓を変える第3の"主食"家電 「フィリップス ヌードルメーカー」誕生!


6月下旬より、全国の家電量販店、通信販売等で順次販売開始

6月 3, 2014

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は2014年6月下旬より、本格的な生麺が約10分*1で簡単に作れる「フィリップス ヌードルメーカー(以下 ヌードルメーカー)」を、日本輸入代理店の小泉成器株式会社(本社:大阪市中央区、社長:松本 良一)を通じて、全国の家電量販店、通信販売等で順次販売します。

 

 日本の調理家電市場では、炊飯器やホームベーカリーといった、家庭で主食を調理する製品の普及が進んでいます。「ヌードルメーカー」は、ご飯、パンに並ぶ日本の主要主食である“麺”の自宅調理を可能にした調理家電です。うどん、そば、ラーメン、パスタなど、様々な麺を自宅で簡単に作ることが出来ます。また、本格的な製麺工程を再現することで、麺のコシやもちもち感はもちろん、出来立てならではの粉の香りや風味をお楽しみいただけます。

 
 「ヌードルメーカー」は、「粉を入れる」、「ボタンを押す」、「水や卵などの材料を入れる」だけの3ステップで、本格的な生麺を作ることが可能です。製麺所をはじめとするプロの麺作りを研究し、手打ちでは実現が難しい約720キログラムの圧力を生地にかけることにより、コシのあるおいしい生麺作りを約10分*1で実現しました。日本用に特別設計された4種類の製麺用キャップを使用して、うどんやそばなどを形状や太さを変えて作ることが出来るほか、卵やスパイス、ハーブ、野菜ジュースなどを加えれば自分好みのアレンジ生麺も楽しめます。さらに、コシ調整機能を使うことで、麺の種類や材料に合わせて、最適なこね時間の設定が可能です。
 製品に同梱されているオリジナルレシピブックには、家庭用小麦粉やパスタなどを幅広く製造・販売する日清フーズ株式会社のアドバイスをもとに開発した、製麺方法をまとめた麺レシピ13種類に加え、様々な麺料理を楽しめる麺料理レシピ36品目を紹介しています。
 

 フィリップスの調査では、日本人の9割が週に1回以上、およそ4人に1人が週5回以上麺を食べており、日本人の食生活に麺が定着していることが分かりました*2。その一方で、家庭での麺作りに対しては、興味はあるものの「時間がかかりそう」「道具を揃えるのが大変」「片付けるのが面倒」などの理由から、わずか3%の人しか自宅で麺を作っていないことが判明しました*3。「ヌードルメーカー」は、麺を手作りする手間もかからず、家庭にある材料で手軽においしい生麺が作れ、使用後の後片付けも簡単です。

 

 フィリップスは、昨年4月に「ノンフライヤー」を発売し、日本の調理家電市場に“油で揚げないフライヤー”という新しいカテゴリーを生み出しました。今回「ヌードルメーカー」を市場に投入することで、家庭で本格的な生麺を手軽に作るという日本の新しい食文化に貢献してまいります。

 

 

 

「フィリップス ヌードルメーカー(Philips Noodle Maker)」HR2365の製品特長

 

全自動で簡単製麺
粉に均等に加水する水回し、こね、生地作り、製麺までを全自動で行います。製麺棒が回転しながら生地をこね、3段階で生地を押し出すことで、約720キログラムの圧力がかかりコシのある麺が作れます。一度に製麺出来る量は、1人前から最大4人前で、どのような種類の麺*4も、約10分*1で手軽に作ることが出来ます。

 

 

 

コシ調整機能を搭載

こね時間を変更することで、生地の混ざり具合や麺のコシを調整することが出来ます。基本の設定は5分になっていますが、コシ調整機能ボタンを押すことでお好みに合わせて6、7、8分まで延長が可能です。

 

日本仕様の4種類の製麺用キャップ
日清フーズ株式会社のアドバイスのもと、日本人の麺の好みを研究し開発した4種類の製麺用キャップを付属しました。キャップを付け替えるだけで丸麺、角切り麺、平打ち麺と様々な形状と太さの麺が出来上がります。キャップを通して生地を押し出すことで、圧力をかけてコシのある麺に仕上げます。

 

 

自分好みのアレンジ生麺も作れる
うどん、そば、パスタ、ラーメンなど基本の麺のほかに、卵やスパイス、ハーブ、野菜ジュースなどを加えることで、自分好みの風味や色のバリーエーションを出したアレンジ生麺を簡単に作ることが出来ます。

 

 

省スペースで製麺可能

「ヌードルメーカー」は、家庭にある一般的な電気ポットと同程度の大きさで、場所をとりません。家庭で麺を手打ちする際よりも、省スペースで製麺することが出来ます。

 

後片付けも簡単

粉を入れる製麺用ケース部分は、ケースカバー、生地を混ぜる製麺棒、製麺用キャップ、キャップホルダー、前面パネルとそれぞれが分解可能で、お手入れがしやすい設計になっています。製麺用キャップは、残った生地を取り除きやすいクリーニングキットで簡単に掃除が出来ます。

 


 「ヌードルメーカー」オリジナルの専用レシピ
生麺を美味しく作るための「麺レシピ」13種類と、生麺を使った「夏野菜天ぷらの冷やしつけそば」や「ごまだれ冷製麺」などの「アイデアレシピ」36品目が詰まった「ヌードルメーカー」専用のオリジナルのレシピブックを製品に同梱しました。アイデアレシピ36品は、日清フーズ株式会社のアドバイスをもとに開発した日本オリジナルのレシピ18品、「ヌードルメーカー」オリジナルのレシピを18品紹介しています。

 

また、今回調理家電製品を拡充するにあたり、『フィリップス キッチン』総合サイトをオープンします。「ヌードルメーカー」のページでは、オリジナルレシピのほか、残った生地を再利用出来るアイデアレシピなど、自宅で本格的な生麺を楽しんでいただくための様々な情報を公開する予定です。

 

*1 こね時間は基本設定の5分で2人前(粉約250グラム)を製麺する際の目安時間。
1.6mm角麺キャップを使用される場合は全工程で約12分かかります。
*2 フィリップス調べ (2013年)

*3 フィリップス調べ (2013年)

*4 米粉を使用した麺は作れません。

 

PC・モバイル端末で、6月3日(火)11:00より公開します。
URL:http://www.japan.philips.co.jp/noodlemaker/ 

 

 

 

「フィリップス ヌードルメーカー(Philips Noodle Maker)」HR2365の製品概要

 

 

 

 

 

 

 

製品名

フィリップス ヌードルメーカー

型番

HR2365

本体色

白/シャンパンゴールド

電源

AC100V / 50/60Hz

消費電力

200W

本体寸法(W×D×H)

21.5×34.3×30.0cm

質量

7.8kg

電源コード長

約1.8m

本体材質

製品本体PP(プラスチック)
製麺用バスケットAS(プラスチック)

最大製麺量

粉 500g

コシ調節機能

5分、6分、7分、8分の4段階
(標準設定は5分)

製麺用キャップ

2.0mm 丸麺 / 1.6mm 平麺
1.6mm 角麺 / 2.5mm 角麺

 

 

 

付属品

本体
取扱説明書・保証書
レシピブック
計量カップ(粉用)
計量カップ(水用)
製麺用キャップ4種類
クリーニングキット4種類(各製麺用キャップ毎)

 

 

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップスについて

ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2013年の売上は233億ユーロ、世界100ヵ国以上に約112,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

製品/製品貸出/画像提供に関するお問い合わせ

フィリップス エレクトロニクス ジャパン コンシューマーライフスタイルPR事務局
担当:伊郷/石塚/江島/細川
TEL: 03-4531-0216 FAX: 03-3265-5267 E-mail: philips@ozma.co.jp

.

ご掲載の際の読者お問い合わせ

フィリップスサポートセンター TEL: 0120-944-859

.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン
ブランド コミュニケーション部 TEL: 03-3740-5896

.