フィリップス、インイヤータイプのプレミアムヘッドフォン「S1」、「S2」を発表


オーバーヘッドタイプ「M1」の新色と合わせ、ラインナップを拡充 全5製品を、4月下旬より順次販売開始

4月 17, 2013

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は本日より、オーディオブランド“Fidelio(フィデリオ)”のインイヤータイプのプレミアムヘッドフォン「S1」、「S2」と、オーバーヘッドタイプのヘッドフォン「M1」の新色を、日本輸入代理店の小泉成器株式会社(本社:大阪市中央区、社長:松本 良一)を通じて、全国の家電量販店、通信販売等で順次販売します。

 

 GfK Japanの調査によると、2012年3月~2013年2月のヘッドフォンの平均単価は、前年と比べて6%増となっています*1。フィリップスの調査でも、18歳~60歳のヘッドフォンユーザーの63%が「いいヘッドフォン、イヤフォンには少し高くてもお金をかけても良い」と回答し*2、高単価製品へのニーズの高まりがうかがえます。フィリップスは、プレミアムモデルのFidelioブランドにヘッドフォンのラインナップを拡充し、高単価製品に関心の高いヘッドフォンユーザーにあわせた製品を提供していきます。

 

 Fidelioブランド初となるインイヤータイプの「S1」、「S2」は音質、デザイン、着け心地にこだわったプレミアムなヘッドフォンです。“ゴールデンイヤー”と呼ばれるフィリップスのサウンドエンジニアが開発初期から最終審査まで関わり、原音を細部まで忠実に再現し、聴く人を魅了します。いずれもセミオープンバック構造を採用しており、タイトで深みのある低音と透明感のある中高音サウンドを再生します。長時間でも快適な装着感を楽しんでいただくために、人間工学に基づいて製品を設計し、さらに付属のcomply(コンプライ)TMフォームを使用すれば、高い遮音性を実現でき、心ゆくまでサウンド体験を堪能できます。


 「S1」は軽量感のあるアルミハウジングの採用により、音の反響や振動を軽減し、自然でプレミアムな音を再生します。ピアノブラックにレッドをアクセント色とし、ファッション性の高いデザインに仕上げました。上位モデルの「S2」は、銅合金製ハウジングと多層構造のダイヤフラムを搭載し、深みのある低音と洗練された高音域を再生します。シャンパンゴールドをアクセントにしたブラックとホワイトの2色展開で、プレミアムタイプにふさわしい高級感を表現しました。

 

 「M1」は、“バスレフレックスシステム”を採用し、力強く高音質な重低音を実現した密閉型のオーバーヘッドタイプです。従来のブラックに加え、ホワイト、そしてオレンジ&ブラックの計3色で展開していきます。

 

 

 

 

*1 「ステレオヘッドホン」、平均単価比較。全国有力家電量販店の販売実績を集計/GfK Japan調べ
*2 2012年フィリップス調べ

 

 

 

 

 

 

セミオープンバック構造と軽量アルミハウジング
13.5mmのFidelioクロスドライバーを搭載したセミオープンバック構造により、バランスのとれたナチュラルサウンドと深みのある低音を実現しました。
軽量感のあるアルミハウジングが音の反響や振動を軽減し、自然でプレミアムな音を再生します。

 

 

 

 

 

くせになる着け心地
人間工学に基づくデザインにより耳への圧迫感を軽減し、長時間の着用でも快適な装着感を維持します。
高い遮音性を実現するcomplyTMフォームを使用すれば、周囲のノイズを低減し、心ゆくまでサウンド体験を堪能できます。

 

 

 

 

 

 

インラインリモコンとマイク機能を搭載

表裏がツインカラーのケーブルに、再生や一時停止ができるインラインリモコンと

マイク機能を搭載しました。手元での操作に加え、ヘッドフォンを着用したまま通話することができます。

 

 

 

タイプインイヤー / セミオープン(半密閉) ダイナミック型
付属品キャリングケース、イヤーキャップ 3サイズ、complyTMフォーム 1サイズ
ケーブルタイプ/長(m)Y型 / 1.2m
接続端子/仕上げ3.5mmステレオ(L字) / 金メッキ
再生周波数帯域15-23,500Hz
インピーダンス32Ω
感度(dB)107dB
スピーカー径(mm)13.5mm
最大入力(mW)40mW
本体質量19g
本体色ブラック&レッド

 

 

 

セミオープンバック構造と軽量アルミハウジング
13.5mmのFidelioクロスドライバーを搭載したセミオープンバック構造により、 バランスのとれたナチュラルサウンドと深みのある低音を実現しました。
軽量感のあるアルミハウジングが音の反響や振動を軽減し、自然でプレミアムな音を再生します。

 

 

 

 

 

多層構造ダイヤフラム

多層構造ダイヤフラム搭載により、洗練された高音域を再生します。ダイヤフラムに各帯域を分割し、理想的なピストン運動ができるようにコルゲ―ション(ひだ)をつけました。前後にフィルターを挟むことで、更に音のチューニングを強化し、Fidelioの特長である迫力ある低音と透明感のある中音域をベースに、自然なサウンドを再生します。

 

 

高級感あるプレミアムデザイン

イヤーシェル部分には、光沢感のあるキズ防止コーティング加工を施しました。

シャンパンゴールドをアクセントにしたブラックとホワイトの2色を用意し、プレミアムにふさわしい高級感を表現しました。

 
くせになる着け心地
人間工学に基づくデザインにより耳への圧迫感を軽減し、長時間の着用でも快適な装着感を維持します。高い遮音性を実現するcomplyTMフォームを使用すれば、周囲のノイズを低減し、心ゆくまでサウンド体験を堪能できます。

 

インラインリモコンとマイク機能を搭載

表裏がツインカラーのケーブルに、再生や一時停止ができるインラインリモコンとマイク機能を搭載しました。

手元での操作に加え、ヘッドフォンを着用したまま通話することができます。

 

タイプインイヤー / セミオープン(半密閉) ダイナミック型
付属品キャリングケース、イヤーキャップ 5サイズ、complyTMフォーム 2サイズ
ケーブルタイプ/長(m)Y型 / 1.2m
接続端子/仕上げ3.5mmステレオ(L字) / 金メッキ
再生周波数帯域15-24,000Hz
インピーダンス22Ω
感度(dB)107dB
スピーカー径(mm)13.5mm
最大入力(mW)40mW
本体質量23g
本体色ブラック&ゴールド(S2BK)、ホワイト&ゴールド(S2WT)

 

 

 

バスレフレックスシステムと40mmネオジウムスピーカー搭載
高性能な40mmネオジウムスピーカーを搭載しており、臨場感と深みのある音質を実現しています。また、バスレフレックスシステムの搭載により、力強く高音質な重低音を体感できます。音の細部をありのままにとらえ、明瞭でダイナミックな低音を実現します。

 

 

 

インラインリモコンとマイク機能を搭載
ケーブルに、再生や一時停止ができるインラインリモートとマイク機能を搭載しました。手元での操作に加え、ヘッドフォンを着用したまま通話することができます。

 

 

タイプオーバーヘッド / 密閉 ダイナミック型
付属品インラインリモコン&マイク付きオーディオケーブル、キャリングケース
ケーブルタイプ/長(m)着脱式 片側装着 / 1.1m
接続端子/仕上げ3.5mmステレオ(ストレート) / 金メッキ
再生周波数帯域15-24,000Hz
インピーダンス16Ω
感度(dB)106dB
スピーカー径(mm)40mm
最大入力(mW)150mW
本体質量166g
本体色ホワイト(M1WT)、ブラック&オレンジ(M1BO)

 

 

 

参考資料

 

キャンペーンサイト “Listen to the MAGIC”

 

 フィリップスとラジオステーション・InterFM(エフエムインターウェーブ株式会社 本社:東京都品川区、代表取締役社長:木下直哉、以下InterFM)は、フィリップス製品の発売に先駆けて、本日よりキャンペーンサイト“Listen to the MAGIC”を公開します。

 

“Listen to the magic”キャンペーンサイト URL:www.magicsongs.jp

 

 

 

 フィリップスとInterFM は、「音の魔法に出会う瞬間や体験をもっと増やしたい」という共通の想いを持ち、今回のキャンペーンを一緒に実施することになりました。ピーター・バラカン氏をはじめ、本物の音楽専門局“The Real Music Station”として魔法の音楽を届けるInterFM のDJ やアーティスト、音楽のプロフェッショナルが選ぶ「耳に魔法をかけた音楽」を、4 月18 日(木)から、毎日特設サイト上に90 日連続で、1 日1 曲ずつ公開していきます。

 さらに、音のソムリエと呼ばれるフィリップスのサウンドエンジニア“ゴールデンイヤー”についてのコンテンツや、音楽のプロフェッショナルによる製品レビューなどのコンテンツも用意しております。

 

 

日本におけるフィリップスについて

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、1953年に日本電子開発株式会社としてフィリップス製品の日本市場への輸入を開始し、いくつかの企業統合や社名変更等を経て2005年に社名を株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンに変更しました。現在は、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成されています。2008年には、呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、同社は2010年に社名をフィリップス・レスピロニクス合同会社としました。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせて約1,700名の従業員を擁し、全国約80ヵ所に事業所を展開しています。株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて
ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、ライティング分野において健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業です。本社はオランダで、2012年の売上は248億ユーロ、世界100ヵ国以上に約118,000人の従業員を擁しています。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新たな照明アプリケーション、および男性用シェーバーやグルーミング、オーラルヘルスケアにおいてリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

製品/製品貸出/画像提供に関するお問い合わせ

フィリップス エレクトロニクス ジャパン コンシューマーライフスタイルPR事務局
担当: 江島/石塚/伊郷
TEL: 03-4531-0216 FAX: 03-3265-5267 E-mail: philips@ozma.co.jp
.

ご掲載の際の読者お問い合わせ

フィリップスサポートセンター TEL: 0120-336-634.

報道関係および企業に関するお問い合わせ

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 TEL: 03-3740-3608

.