フィリップス、音波式電動歯ブラシ ソニッケアーのプレミアムモデルが 誕生


音波式電動歯ブラシ「フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」9月初旬より、全国の家電量販店、通信販売等で発売開始

8月 18, 2011

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は2011年9月初旬より、音波式電動歯ブラシフィリップス ソニッケアーの新機種「フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン(Philips Sonicare DiamondClean)」を、日本輸入代理店の小泉成器株式会社(本社:大阪市中央区、社長:松本 良一)を通じて、全国の家電量販店、通信販売等で発売します。また、株式会社ヨシダ(本社:東京都台東区、社長:山中 一剛)を通じて、9月下旬より全国のソニッケアー取扱い歯科医院でも随時発売します。本製品は、日本を含む世界の歯科専門家から 最も推奨されており、日本の歯科医では使用率が最も高い音波式電動歯ブラシブランド*1  ソニッケアーのプレミアムモデルです。

 

 「ダイヤモンドクリーン」は、毛先をひし型にカットすることで毛量が従来製品より44%増加した「ダイヤモンドクリーンブラシヘッド」と、歯間の汚れを高速水流で落とす特許技術のソニックテクノロジー*2により、手磨きと比べて最大4倍の歯垢を除去します*3。従来製品のプロリザルツブラシでのブラッシングと比較して、45%多くの歯垢を除去することが可能です。

 

 さらに、ホワイトモードでのブラッシングと合わせることで、約1週間でステインをやさしく除去し、歯に自然な白さをもたらします*4。フィリップスの調査*5では、自分の歯の白さに満足しているかと尋ねたところ、約9割(89.2%)が今よりもっと白い歯になることを望んでいることがわかりました。「ダイヤモンドクリーン」は、こうした多くの人々にも最適な製品です。もちろん、ソニッケアーの特長である、約2週間で歯ぐきの健康を推進する効果*6はそのままに備えています。

 

 また、「ダイヤモンドクリーン」は、電動歯ブラシとして世界で初めて採用されるアクセサリー機能も兼ね備えています*7。付属のグラス型充電器は、ブラッシング時の口ゆすぎに使用できるだけでなく、専用の充電器にセットすれば、ハンドルをグラス内に置くだけで充電が可能です。コンパクトに収納できるトラベルケースは、携帯時に便利なのはもちろん、USB経由で充電できる画期的機能を備えています。
※製品概要につきましては製品ページをご参照ください。

 

    

 

*1 当社調べ(2010年) *2 ブラシヘッドの毎分約31,000 回の超高速振動と幅広い振幅の組み合わせにより「ダイナミック クリーニング アクション(液体流動による洗浄力)」を強力に発生させ、毛先の届きにくい歯間部や奥歯などの歯垢を効果的に除去します。 Drisko et al, 2002.US./Drisko らによる研究結果(2002 年、米国)
*3 手磨きと比較して、Putt氏らの調査に基づく(2011年、米国) *4 Colgan氏らの調査に基づく(2010年、英国) 
*5 当社調べ(2011年)*6 Putt氏らの調査に基づく(2011年、米国) *7 当社調べ(2011年)

 

 

オーラルケアとビジネスに関する意識調査 結果
 フィリップスは、20代から50代のビジネスパーソン800人を対象にオーラルケアとビジネスに関する意識調査を実施しました。調査の結果から、ビジネスシーンにおいて、オーラルケアを常に怠らず、自分の身だしなみの一部として意識する「マウスマネジメント」が必須であることがわかりました。

 

ビジネスシーンで“口元”注意! 約7割が、歯が汚れている人は「だらしなさそう」な印象
 ビジネスシーンで相手と話す際、「口元」に目線を置く人が33.8%と、目に続いて多いことが明らかになりました。一方、歯が汚れている人の印象を聞いたところ「だらしなさそう(72.9%)」「ルーズそう(47.4%)」と悪い印象を与えていることがわかりました。ビジネスシーンでの印象をよくするためには、白い歯を保つためのマウスマネジメントが必須であることが浮かび上がりました。

 

    

 

 

「自分の歯磨きで歯を白くできている」わずか3割未満に! 約9割は歯の白さに不満
 自分の歯の白さに満足しているかと聞いたところ、「今よりもっと白い歯にしたい(42.1%)」と「出来れば今よりも白い歯にしたいと思う(47.1%)」を合わせると約9割(89.2%)となり、自分の歯の白さに不満を持っていることがわかりました。また、自分の歯磨きで歯を白くできていると思う人は3割未満(28.5%)で、多くの人が自分の歯磨きに満足していないようです。

 

    

 

9割近くが気になる口臭。対象が上司の場合、95%が「指摘できない」
 自分の口臭を気にしているかとの問いに対し、86.6%が気にしていると回答、また相手の口臭が気になる人も87.2%と、いずれも9割近くの人が口臭を気にしていることがわかりました。
その対象を上司で見てみると、61.9%の人が「上司の口臭が気になったことがある」反面、それを指摘できるかの問いに対しては、95.6%以上が「指摘できない」と回答しており、口臭がある種タブーな問題であることが浮き彫りになりました。
 こうした自分自身の口臭の対策としては、オーラルケア(82.0%)が最も多くなりました。
口臭ケアをしっかりと行い、マウスマネジメントをすることが、相手に不快感を与えないためにも重要と考えられます。

 

    

 

 

調査概要

  1. 調査テーマ :「オーラルケアとビジネスに関する実態調査」
  2. 有効回答数 :800票
  3. 調査対象者 :20代から50代のビジネスパーソン(東京・大阪/男女)
  4. 調査方法 :WEBアンケート調査
  5. 調査期間 :2011年8月4日(木)~8月5日(金)

 

    

 

なお、「ダイヤモンドクリーン」の発売を記念して、プレゼントキャンペーンを実施します。

キャンペーン詳細は、ダイヤモンドクリーン製品ページ内に2011年9月1日(木)より公開予定です。

ダイヤモンドクリーン製品ページはこちら 

フィリップス ソニッケアーについて

ソニッケアーは、1992年に、歯科医院で使われていた音波技術を応用した電動歯ブラシとして、米国オプティバ社より発表されました。その後、オランダのロイヤルフィリップス社が、2000年にオプティバ社を買収し、ソニッケアーをフィリップスの家電品およびパーソナルケア製品部門の一部として全世界へ展開開始しました。以来、ソニッケアーは起業家精神が旺盛な小さなベンチャーキャピタル企業から電動歯ブラシにおける消費者及び歯科専門家分野のグローバルメーカーへと成長し、現在では世界の歯科専門家が最も推奨している音波式電動歯ブラシブランドとなっています。また、ソニッケアーの効果は世界の40を超える大学・研究機関における140件以上の臨床試験や研究により裏付けられています。日本においては1996年より販売を開始し現在に至ります。

.

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,700名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX:PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、人を中心に技術とデザインを統合します。世界100ヶ国以上に120,000人の従業員を擁し、2010年の売上は223億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

その他お問い合わせ

 

製品に関するお問い合わせ:
フィリップス エレクトロニクス ジャパン コンシューマーライフスタイルPR事務局
株式会社オズマピーアール: 近江(オウミ)/新井/江島

TEL: 03-3403-0283 FAX: 03-3403-0289 E-mail:philips@ozma.co.jp

 

ご掲載の際の読者お問い合わせ:
フィリップスお客様情報センター  ナビダイヤル(全国共通)TEL: 0570-07-6666
※歯科医販売製品に関するお問い合わせ ソニッケアーコール TEL: 0120-418-608

 

その他、企業に関するお問い合わせ:
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

.