フィリップス、グルーミング新製品3カテゴリー 4月下旬より一斉発売


グルーミングキット、スタブルトリマー、ヘアカッターで「男をデザイン」。新たな機能に加え、スタイリッシュなデザインを実現

4月 14, 2011

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は4月下旬より、男性用グルーミング製品3カテゴリーの新たなラインナップを、日本総輸入代理店の小泉成器株式会社(本社:大阪市中央区、社長:松本 良一)を通じて、全国の家電量販店、通信販売等で発売いたします。

 

 今回発売する新製品は、マルチグルーミングキット、スタブル(無精ヒゲ)トリマー、 ヘアカッターの3カテゴリー全6製品で、フィリップス従来製品と比較して格段に機能性が向上し、「男をデザインする」ツールとして、よりユーザーの細かな好みに合わせたグルーミングが可能になりました。また、製品デザインもスタイリッシュに一新しています。

 

 グルーミングキットプロ「QG3280」は、1台であらゆる体毛をケアすることができ、全身のスタイリングが可能です。顔周りの毛をケアするキットに加え、ボディーグルーミング用シェービングヘッドやボディートリミング用コームなど8つのアタッチメントを備えており、気になるムダ毛も自由自在に調整できます。

 スタブルトリマープロ「QT4022」は、0.5mmから10mmまで0.5mmごとに20段階の長さでヒゲを整えることが可能で、好みの長さにトリミングすることができます。デザインもフィリップス従来製品と比較しスタイリッシュになりました。フィリップスの調査*では、13.3%の男性が現在ヒゲを生やしており、生やしていない男性も4人に1人が、口周りやアゴのラインなどで「今後、ヒゲを生やしたい」と考えていることがわかりました。「QT4022」はそうした男性に使い勝手の良い製品です。
 セルフヘアカッタープロ「QC5550」は、フィリップス従来製品で可能であったセルフボウズに加え、セルフスキンヘッドが出来るようになりました。独自の180度回転ヘッドにより、セルフでは難しい後頭部の髪も簡単にカット、シェーブできます。また、しなやかなカーブが印象的なデザインと、コンパクトながらも革新的な機能を備えている点が評価され、世界的に最も権威のあるデザインアワードの一つ「iF product design award 2011」を受賞しました。なお、フィリップスの調査*で、頭髪用のバリカンを持っている男性(全体の3割以上)のうち約4割(40.3%)はセルフカットで使用していることが分かりました。「QC5550」はそうしたバリカンユーザーのニーズに応える製品です。

 

 

 

フィリップス グルーミング新製品 特長

 

グルーミングキットプロ「QG3280」

          

グルーミング箇所にあわせて選べる8つのアタッチメントを搭載

 

      

スタブルトリマープロ「QT4022」

  

 

セルフヘアカッタープロ「QC5550」

 

           

 

 

+ グルーミングキット、セルフヘアカッタープロの製品詳細はこちら

 

日本におけるフィリップスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。
現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,600名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX: PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、お客様の視点に立ったテクノロジーとデザインを融合させたソリューションを提供します。世界60ヶ国以上に119,000人の従業員を擁し、2010年の売上は254億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、薄型テレビ、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

製品に関するお問い合わせ:

フィリップス エレクトロニクス ジャパン コンシューマーライフスタイルPR事務局
株式会社オズマピーアール: 近江(オウミ)/新井/江島
TEL: 03-3403-0283 FAX: 03-3403-0289 E-mail:philips@ozma.co.jp

.

その他、企業に関するお問い合わせ:

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL 03-3740-4561

.