フィリップス、"センソタッチ3Dシリーズ" "鼻毛・耳毛カッター NT9110"「2010年度 グッドデザイン賞」を受賞

9月 29, 2010

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、同社の「センソタッチ3Dシリーズ」および「鼻毛・耳毛カッター NT9110」が、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2010年度グッドデザイン賞」(Gマーク)を受賞したことを発表しました。

 

受賞製品名称 「センソタッチ3Dシリーズ」

 

 

製品概要

「センソタッチ3Dシリーズ」は「RQ1280CC/1260CC/1250CC/1250」の4タイプからなるフィリップスシェーバーの新しいフラッグシップモデルです。新開発の“独立可動3Dシステム”を搭載し、シェービングヘッドが3つの独立した動きをすることで、顔のあらゆるカーブに対応します。それにより、凹凸のあるアゴまわりをシェービングする際にも、かつてない肌へのフィット感と剃りやすさを実現しました*1。また、3つのトラックから成る「ウルトラトラックヘッド」は、これまで剃りにくかった長い毛もしっかりカットし、シェービング時間も従来に比べて大幅に短縮しました。人間工学デザインで握りやすく、思い通りにシェービングすることを可能にします。防水加工でお風呂シェーブも可能です。
*1当社従来製品比

 

定価
オープン価格

 

デザイナー
フィリップスデザイン Garl Prat(ガエル・プラット)

     

 

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
3つのパーツに分かれて顎に寄り添う、その動きが緻密で円滑。フィット感がいい。細かい部分までユーザーインターフェイスを追求しているところを評価。

 

グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ
http://www.g-mark.org/award/detail.html?id=36096

 

 

受賞製品名称 「鼻毛・耳毛トリマー NT9110」

      

製品概要
鼻毛・耳毛だけでなく、眉毛も整えられる1台3役のトリマー。フィリップスだけの「チューブトリマー」は、肌や粘膜にやさしい安心設計で鼻毛を引っ張らずにカットするため、
痛くありません。

 

定価
オープン価格

 

デザイナー
フィリップスデザイン Lacides Marquez(ラシデス・マルクエズ)

     

 

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
フィリップス社のデザインは、他社の製品とは大きく異なる。独自のチューブトリマーを採用した先端形状が、異なるのは当然であるが、個々の質感表現やディテールに精度感が感じられ、長く使えそうな安心感がうまく表現されており、他のフィリップス社製グルーミング商品と調和する存在感を感じた。身だしなみに拘る欧州のビジネスマンが、使っているような印象を持ったのは、私だけではないだろう。良いものを長く使いこなしたいという欲求は、日本人も持ち合わせているはずだ。日本製品は、過剰な価格競争やコスト的制約の中でデザインしすぎているのでは、ないだろうか。

グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ
http://www.g-mark.org/award/detail.html?id=36097


 

グッドデザイン賞とは


「グッドデザイン賞(Gマーク)」は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営される、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。これまで50年以上にわたって新しい時代の文化と生活を創造することを目的に「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開され、のべ受賞件数は35,000件以上にのぼり、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」はすぐれたデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸入ならびに販売を開始しました。現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、約1,000名の従業員を擁し、全国約30ヶ所に事業所を展開しております。詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

.

ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX: PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、人を中心に技術とデザインを統合します。世界60ヶ国以上に116,000人の従業員を擁し、2009年の売上は230億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、薄型テレビ、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/

.

将来予想に関する記述について

このプレスリリースにはフィリップスの将来の業績、財務状況、事業活動の結果や事業計画に関する「将来予想に関する記述」が含まれています。「将来予想に関する記述」はその性質上、将来起こりうる様々な事象や状況の変化によってもたらされるリスクや不確実性を伴うものであり、それにより、「将来予想に関する記述」で述べた内容や暗示した記述と実際の結果や事象は実質的に異なる可能性を含んでいます。

.

ご掲載の際の読者お問い合わせ:

フィリップスお客様情報センター
ナビダイヤル(全国共通) 
Tel:  0570-07-6666

.

その他、企業に関するお問い合わせ:

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL 03-3740-4561

.