GBPの導入

GBPはフィリップスの労働契約の不可欠な一部を構成しており、フィリップスが事実上ビジネス活動を行うほぼ全ての国の言語に翻訳されています。GBP遵守の主たる責任は、各ビジネスユニットのマネジメントにあります。

 

GBPを展開し遵守するための監視や報告体制は、ビジネス活動でのチェック手続や監査、Statement of Business Controls (SBC)といった、既存のコントロールの仕組みを利用することで構築されました。結果として、現在では確固たるGBPの基盤 (コンプライアンスオフィサー間のネットワーク、半年毎の報告、全世界的な申立のデータベース化や、ホット・ライン、e-ラーニング環境の整備)が確立されています。

 

GBPへの遵守意識を高めるために、ウエブ・ベースのGBPトレーニングが、22種類の言語で全社的に導入されており、オンラインでアクセス可能な社員の95%超に実施されています。
また、Board of ManagementやGroup Management Committee、及び各セクターやエリア、国のマネジメントの参加によって、グローバル・インターナル・コミュニケーション・プログラムが毎年公表されています。 コンプライアンスオフィサーは、申立処理手続や危機管理トレーニングで構成される専門のeトレーニング・プログラムに定期的に参加しています。
加えて2007年からは、GBPへの遵守意識を高めるためのトレーナー育成プログラムを全世界規模で実施しており、毎年2日間にわたって開催されるトレーニング・プログラムには、フィリップスの全世界の全てのコンプライアンスオフィサーの参加が義務付けられています。